ブログに何を書く?記事のネタ探しで悩まなくなる7つの手順

ブログに何を書く?記事のネタ探しで悩まなくなる7つの手順

記事を書こうとパソコンを開いたはいいものの・・・。

もぐ

何の記事を書けばいいか悩んでしまう。

らぶ

なんとなく書きたい事はあるんだけど、記事にしようとするとできない・・・。

私自身もブログ運営初期の頃、毎日のようにこんな悩みを感じて、ただただ時間が過ぎていくことがとても多かったです。

記事のネタ選びで悩んでしまう状態をよくよく観察してみると・・・

  • 方向性が定まっていないこと
  • 執筆計画がないこと

の、2つの理由が浮かんできます。



方向性を定めておくことが、なぜネタ切れ回避に繋がるのか。
執筆計画とは何か。

いろんな種類のブログ記事を1000記事以上書いていく中で見えてきた、記事作りの工夫を紹介して行きます。

じょい

この記事を、最後までひと通り読むことで・・・

  • 毎日のネタ選びで悩まなくなる。
  • サイト内をぐるぐる回遊してもらいやすくなる。
  • ブログの習慣化がしやすくなる。

といったメリットが得られやすくなるかと思います。

ではでは、ブログの更新がスイスイ進むように、ネタに溢れる環境作りに踏み込んでいきましょう^^

目次

ブログのネタ探しの悩みは「執筆計画を立てること」で解消

ブログの記事を更新したいんだけど、何を書こうかいつも悩んでしまう」という悩みは記事の執筆計画を立てることで解決。

ここでいう「記事の執筆計画」とは、どんな話題をどんなキーワードで書いていくかを、スケジュールにまで落とし込むことを指しています。

もぐ

記事の執筆計画・・・・??

ブログのネタ探しで悩むのは「方向性」が定まってないから

具体的な方法に進む前に、なぜブログのネタ探しで悩んでしまうのか?も知っておきたいところ。

悩んでしまう大きな理由は『方向性が定まっていないから』がダントツ多い!

方向性・・・?
それは、必要なの?

と、首をかしげる方もいるかと思いますが、趣味ブログにせよ、収益化ブログせよ決めておいた方がいいと、私は考えています。

ビジネス目的で作るなら、尚更定めておいた方がいいとつくづく感じた場面も。

とも

書いては消して・・・全然進まなかった時代も・・・

ブログのネタ探しで悩まなくなる「執筆計画」7つの手順

この「執筆計画を立てる」という運営方法は、向いているサイトとそうでないサイトがありますので、要注意

この方法が向いているサイト
  • 集客や認知目的のサイト
  • サイトテーマのある程度絞ってあるアフィリエイトサイト

*雑記系にも応用すれば使えますが、特に「特化系」に向いてるかと思います。

また、記事の執筆計画を立てる際には、以下の2つの視点から書くものを拾い上げていくので、事前にいくつか確認しておきたいこと、決めておきたいことがあります。

  • ペルソナから
  • キーワード面から
とも

ではでは、もっと具体的な話に進んでいくよ。

手順①:どんなサイトを作るのか「方向性」を確認

まずは、どんなサイトを作って行きたいと思っているのか「方向性の確認」が大事。

どんな人に向けた、どんな内容を発信していくサイトなのか、自分や市場とよく相談しながら決めておくといいです。

この時に考慮する「市場」とは、簡単にいうと、自分が書こうと思っているテーマに関するユーザーさんの様子だったり、競合サイトさんがいる場所のことです。
(多数の人に求められているのか、今後も発展して行きそうかなどなど、いろいろありますね^^)

ここを決めておくことで、ネタ選びに迷うことがグッと減って行きます。

手順②:いつまでにどれ位サイトになっていたいか規模感を確認

サイトの方向性を明確にしたら、もう1つ。

いつ頃までに、どんな規模のサイトになっていたいか、大体でいいので決めておくと、なお良いです。

これを考えておくことで、この後に抽出するキーワードをどれくらい拾えばいいのかも分かりやすくなるし、どんなペースで更新していけば良いのか、目標も立てやすいです。

手順③:ペルソナを明確にする

サイトの方向性の確認と規模感を大体決めたら、次はペルソナを明確に

ペルソナとは・・・そのサイトを必要としているであろう架空の人物。

ペルソナを作る時に「過去の自分をペルソナに設定した」など、数年前の自分を想定することもよくあります。
自分が乗り越えてきた悩みは、他の誰かもまた悩むであろうという考えから、この方法を取るブロガーさんも多いです。

自分が作りたいサイトはどんなサイトか?をよく考えて、ペルソナを設定しておこう^^

もぐ

このサイトは3年前の自分に向けても書いているよ。

手順④:ペルソナが悩むであろうことを書き出す

そのサイトの記事を読む人は、どんな悩みを抱えていそうか?何が知りたいのか?など・・・

ペルソナの求めているであろうことを、思いつく限り書きだします。

想像だけでわからなかったら、実際にアンケートで聞いてみたりすると見えてくることがたくさんあります。


手順⑤:ペルソナはどんなキーワードで検索するかキーワード抽出

上記で書き出した悩みを実際に検索するとしたら、ペルソナはどんなキーワードを使いそうか、ここも書ける限り、洗い出します。

自分の想像だけでなく、実際にペルソナに近い人物に聞いてみたり、アンケートしてみるのもおすすめ。
またYahoo!知恵袋やSNSから、どんな言葉を使うか拾ってくるのもいいです。

目星を付けたキーワードは、記事化候補としてしっかりまとめておくといいですよ。

またこのキーワードを抽出する時に、一語だけでなく、二語、三語など複数の言葉で構成されているキーワードも、しっかりチェックしておくといいです。

(基本的に一語の単体キーワードは、使用しているサイトもたくさんで難しいことも多いので、二語以上がおすすめです)

手順⑥:抽出したキーワードのボリュームや競合サイトさんをリサーチ

記事化していくと良さそうなキーワードがだんだん絞れてきら、検索ボリュームや、同じキーワードで記事を書いているサイトさん(競合)の様子などをリサーチします。

どんな内容で記事を書いているのか、どれくらいのアクセスが見込めそうかなど、この段階でもいろいろ見えてきます。

もぐ

検索上位に表示されるためには、ここも重要なポイントだよ。

手順⑦:記事化の順番を決める

ここまでくると、どんな記事を書いていけばいいのかが、かなり見えて来ると思います。

手元には、サイトのテーマに興味のあるペルソナさんが、気になりそうな話題を表したキーワードがたくさん集まっている状態。
リサーチもして、ほかのサイトの様子も大体掴めてきているはず。

キーワードをピックアップできたら、最後にどんな順番で記事化していくかを決めておくと、迷うものが無くなります。

順番を決める時には、ペルソナさんをもう一度イメージして、どんな順番で何が気になりそうかを考えつつ、書く順番を決めておきます。

ブログに書くべきネタが決まったらスケジュールに落とし込む

最後に、順番を決めたら、実際のスケジュールに落とし込み。

1日に使える作業時間自分の執筆スピードを考慮して、何日までにどの記事をアップするか、目標を決めます。

記事のネタに毎回悩まずに済むために、自分の作りたいサイトイメージから、実際のキーワードまで徐々に落とし込んでおくこと。

あとは、自分の決めた通りに淡々と作業を積み重ねていくだけなので、楽チンです^^

ぜひ自分に使えそうな部分があったら、活用してみてください。

とも

ネタに溢れるブロガーになりたいね。

ブログに何を書く?記事のネタ探しで悩まなくなる7つの手順

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる