ブログをはじめた理由「あの時はじめて良かった」そんな人が増えたらいいなと思う

ブログをはじめた理由「あの時はじめて良かった」そんな人が増えたらいいなと思う

ブログを始めて、2021年の9月で4年目
この記事を書いているのは、2021年の10月なので、まだまだ4年生でになったばかりという所ですね^^


振り返れば、これまでの3年間、オタクなんじゃないかと思うほど、毎日毎日ブログのことばかり考えていました。

こんな私がブログをはじめた理由は、純粋に『収入が欲しかったから』これが結論(笑)

目次

ブログを始める前の暮らしに転機の種があった

ブログを始める3年前の私はといえば・・・・。
現在よりもっと小さかった子供たちのお世話をしながら、Webライターとして在宅でお仕事をしていました。

子供たちのこともあり、思いっきり勤めに出ることができず、それでも家計のために何かしらの収入の足しが欲しくて始めたお仕事。


頑張れば頑張った分、収入には繋がっていきましたが、毎月0からのスタート。
やらないと1円にもならないので、育児家事の合間を縫って、毎日一生懸命に記事を書いていました。

ですが。
時間を暇を持て余す子供達を尻目に、毎日何時間も文章を書き続ける日々は、どこか後ろめたくて罪悪感すら感じるように・・・^^;

何も悪いことをしていないはずなのに、不思議ですね(苦笑)

とも

いつもごめんごめん言いながらお仕事してた〜

切り売り型の労働・他人主導の労働に限界を感じた日々

その頃から、私の中で少しずつ考えが変わっていきました

今、企業に自分の書いた記事を納品してるけど、この記事が自分の資産になったらいいのにな」って思うようになったんですね。
時を同じくして、ブログ記事を書いて収益を得ている人たちがいるということも知りました。

その想いが重なった後からは・・・。
絶対、ブログやった方がいいかも!」とまで思っていました(笑)


そこからですね、Webライターとしてのお仕事を進めながら、見よう見まねで調べつつ、ブログを作り始めたのは。

なんにも分からないまま、とにかくやってみて1年。
やっとの思いで、月収1万円位はブログから収入が得られるようになりました。

とも

「やった〜!とうとう1万円の壁を超えたぞ〜!ここから、ぐんぐん伸びて行けばいいな〜」

と、思った矢先。

Googleのアップデート。

当時私が運営していたブログは、Googleが提供する検索エンジン経由でブログに訪れる方がほとんどだったのですが、
この検索エンジンのアップデートの影響で、記事の表示順位が急落

1年かけてやっと1万円に達したのに、あっという間に月収3000円にまで転がり落ちてしまう〜という、事態に^^;

あの時は、Googleアップデートのアの字も知らなくって、ただただ起きた出来事に衝撃を受けましたね。

とも

「また1万円に戻すのに、どれくらいの時間がかかるんだろう、こんなことをしている内にあっという間に何年も経ってしまう・・・」

と考えて、なすすべなく毎日落ち込んでいました。

さらに追い討ちをかけるかのように起きたのが、Webライターの仕事の先細り

クライアントさんの一時的な都合により、お仕事量がかなりセーブされる時期が2〜3ヶ月続きました。

さらに・・・^^;

そんな状況にも関わらず、主人の仕事やプライベートも様々なトラブルで、最後には無職に^^;

もう、3人の子供を抱えて、夫婦揃ってどうにもならない状況にまで当時はなっていましたね(苦笑)

ブログ収益化に本気で取り組むことを決意した

我が家全体に起きた出来事ももちろん大変でしたが、なんとかしたい自分の収入作りもうまくいかない。

そんな中で、当時の私が藁にもすがる思いで始めたのが『ブログ収益化に本気で取り組むこと』だったのです〜!

  • 外に働きに行けない→在宅でできる仕事をとウェブライター
  • ウェブライターのお仕事→常にクライアントさん主導で不安定

それならば・・・

自分の書いた記事が資産となって収入をもたらしてくれる『ブログ運営』しかない!

という結論に至ったというわけです。

収益化できれば、自分がお仕事として時間や労力を使っていない間も、ブログが収入を生み出してくれる。

子供がいて、思うように時間が作れない私のような人にはぴったりの収入源作りだなと、当時からずっと思っていました。

ブログの収益化に本気で取り組んでからは、それはそれで別のストーリーがあるのですが、

何はともあれ、あの1番苦しい状況下で「ブログ収益化に本気で取り組もうと決めた」ことを、本当に良かったなと思っています。

もぐ

考えて決めたことに間違いはない!

収益化した今の暮らしはどうなった?

ちなみに今現在は、どんな働き方をして、どんな日々を送っているのかというと・・・。

毎月お勤めに出ているのと同じくらい、時には、それ以上の収入をブログから得ることができています。
家族が学校やお仕事に行っている間に、おうちやカフェ、好きな場所でブログを更新。

一緒に手伝ってくれる外注ライターさんも複数名いて、自分が記事を書かなくても、ブログが回っている状態に。

主人の仕事も安定し、落ち着いて暮らせる毎日を過ごせています。
もっとゆとりができたら「家族が帰って来たときに、ホッとできる実家」を持ちたいなと、夢を思い描くこともできるようになりました。

もしあの時、ブログの収益化をセレクトしていなかったら、今頃どんな日々を送っていたのかなと思うと、少しゾッとするくらいです。

ブログからの収入がなく、毎月自分の時間や労働力を切り売りして、収入につなげていくような働き方をしていたら。

今よりももっと生活はギリギリだったと思うし、気持ち的な余裕もなかったと思います。
それに目の前の暮らしに精一杯で、未来を思い描くことすらできていなかったのではと思います

職業としては、ブログ運営・ブロガーという肩書きはかなりニッチで一般的はないけれど。

人生を大きくひっくり返すことができる、とてもいい方法だなと、一度ひっくり返すことができた私としては感じています。

だから。

自分がブログ運営ってこんな感じだよ〜を伝えていくことで、

「あの時、ブログ運営を始めて良かったな〜」

と、そんな風に思える人が、1人2人と増えていったらいいなぁと、心の底から感じています。

とも

またお話させてね。

ブログをはじめた理由「あの時はじめて良かった」そんな人が増えたらいいなと思う

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる