時間のことについて知りたい

早起きを習慣にすると人生が思い通りに、朝を楽に起きる5つのコツ

早起きを習慣にするコツは前日の過ごし方にある

早起きをしたい、もしくは早起きを継続したい。

 

そうは思っていてもなかなか上手くいかず悩む人もいるのではないでしょうか。

 

早起きにはたくさんのメリットがあります。

 

分かっているけれど、続けることが出来ないのは決してあなたの意志が弱いからでも、根性がないからでもありません。

 

早起きを習慣にするには、コツを知ること、そしてそのコツをつかむことが大切です。

 

今回は、意志の力では難しい早起きを、毎日習慣的に続けることができるコツについてまとめています。

 

また、早起きをすることがどんな風に人生に良い効果をもたらしていくかについても触れています。

 

ぜひ最小限の努力で起きられる朝を手に入れて、望み通りに人生を過ごせるように叶えていってくださいね。

 

 

 

早起きを習慣にするコツは、前日の過ごし方にある

早起きを習慣にするコツは前日の過ごし方にある

意思の力だけでは難しい早起きを習慣にするコツは、前日の過ごし方にあります。

前の日の過ごし方を変えることで、早起きができる習慣が自然と身についていくようになっていきます。

 

 



早起きを習慣にするために、毎日の生活習慣や行動パターンを改善する

早起きを習慣にする具体的な5つのコツ

早起きがすでに習慣になっている人なら、もうこの記事を読み進める必要はないですが、もしいま目の前のあなたが、朝が望む時間に起きられず悩んでいるのだとしたら、ぜひこれから書くことが少しでも参考になれば幸いです。

 

明日から早く起きよう!そんな風に思ったことがある人はたくさんいると思います。

 

なぜ早く起きたいと思いましたか?

 

朝の支度をもっとゆとりをもってしたい、いつも時間に追われているのを改善したい、早起きをしてやりたいことがある・・・。

 

人それぞれだと思いますが、早起きすればその分1日に使える時間は増えますし、やりたいことも望み通りできるようになります。

 

それが頭ではわかっていてもなかなか実行するのが難しいのが、早起き。

 

一度眠りについてしまった後は、朝が来ても、もう少し眠っていたい・・・と思わず布団をもう一度かぶりなおしてしまったり。

 

まだ前日の疲れが取りきれておらず、体を起こすのがしんどかったり。

 

起きれない理由も人それぞれです。

 

それでも、「早起きしたい!」と思うのは、早起きすることのメリットを頭では理解しているからですよね。

 

もっと、意思や根性を使わずに楽に早起きできる方法があればいいのに・・・と私自身も何度も悩んできました。

 

そんな私が、試行錯誤を重ねる中で見つけてきた、早起き習慣を身につけるコツについて、1つ1つ触れてみたいと思います。

 

早起きを習慣にするのに大切なポイント

早起きを毎日の習慣にしていくのに大事なポイントは以下の通りです。

  • 1日の行動計画を立てる
  • 夕方~夜の過ごし方を見直す
  • 自分に必要な睡眠時間を知る
  • 家族や同居している人へ早起きすることを告げる
  • 眠る時間を早くし、毎日一定にする

1つ1つ見ていきます。

 

早起きを習慣にするコツ1:1日の行動計画を立てる

早起きを習慣にするには、1日の時間の使い方がミソです。

 

何時~何時は○○など、1日を時間単位で行動計画を立てることで、時間の使い方にめりはりがつきます。

 

こうすることで疲れを最小限にして、1日を夜寝るまで効率的に動くことができ、結果として早起きができるように変わっていきます。

 

 

早起きを習慣にするコツ2:夕方~夜の過ごし方を見直す

夕方から夜はいつも何をしていますか?

 

仕事や学業が終わり、自宅でゆっくり心行くままくつろいでいる方も多いのではないでしょうか。

 

この夕方~夜の時間の使い方1つで、次の日の朝早起きできるかどうかが大きく分かれます。

 

特に、こどものいる家庭の方はここを見直すことで、大幅に時間にゆとりが生まれるようになり、ストレスを減らすこともできるようになります。

 

見直し方で具体的に必要なことは、いつもしている夕方~夜の行動を全体的に早めるということです。

 

例えば、いつも夜7時に入浴していたのを、1時間早めて6時には入浴をするといった具合です。

 

さらに、時短ができるものがあれば、ぜひ時短行動も取り入れてみてください。

 

家事の負担を減らす時短術や楽ちん小技などについては、以下の記事にも書いてありますので、そちらを読んでみてください。

 

[st-card id=1659 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

[st-card id=1679 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

 

 

早起きを習慣にするコツ3:自分に必要な睡眠時間を知る

あなたは自分が何時間くらい眠ったら、次の日の調子がよく、ベストコンディションで過ごすことができますか?

 

頑張り屋さんな人こそ、ついつい睡眠時間をどんどん削って無理をしてしまいがちです。

 

自分の頭と体が調子よく動けるベストな睡眠時間は何時間くらいかについて一度考えてみるのがおすすめです。

 

 

早起きを習慣にするコツ4:家族や同居している人へ早起きすることを告げる

一人暮らしの方はいいですが、もし旦那さんやお子さん、もしくはご両親や兄弟など同居している方がいる場合には、ぜひ早起きをしようと思っていることを宣言してください。

 

自分一人で起きれば済むことだし、言う必要がないかなと私も当初は思っていましたが、一緒に暮らしている人がいる人こそ、宣言する必要があるということを何度も身に染みて感じました。

 

相手が早起きをしたい意思があることがわかれば、家族も少し協力してくれますし、いつもより行動パターンを少し変えることに理解もしてくれます。

 

それから、誰かに「私は早起きする」と宣言することは、早起きへの良いプレッシャーにもなります。

 

遠慮せず、ぜひ「早起き宣言」をしてみてくださいね。

 

 

早起きを習慣にするコツ5:寝る時間を早くし、毎日一定にする

早起きを習慣にしたいならば、前の日の夜に寝る時間に注目することが大切なポイントです。

 

いくら根性のある人でも、寝る時間が遅ければやはり早起きは続きません。

 

眠る時間をいつもより早めにするようにして、自分に必要な睡眠時間はなるべく確保しながら、早起きをしていくようにすることが続ける秘訣です。

 

また、眠る時間はなるべく毎日同じ時間を守るようにします。

 

これを続けていくことで、自然と体にサイクルができあがり、時間になったら眠くなり、しっかり必要分眠ったあと、自然に目覚めることができるようになります。

 

 



早起きを習慣にするための肝は、毎日の生活リズムを一定にすること

早起きを習慣にする肝は、生活リズムを一定にすること

毎日いろんな予定や出来事があったり、付き合いがあったりすると、同じ生活リズムで暮らすのがなかなか難しくなりがちですが、早起きを習慣にすることを望むならば、ぜひ生活リズムを一定にすることをおすすめします。

 

これを徹底すればするほど、早起き習慣を身に着けることへの成功確率が高まります。

 

とはいえ、こどもがいたり、会社の方との付き合いや残業があったりと、毎日同じように暮らしていくのはとても大変ですよね。

 

そんな時は、この日は「イレギュラーな日である」という意識に切り替え、ほかの前後の予定を見直して時間を調整しつつ臨みます。

 

そして、その日の用事が終わったら、またいつもの生活リズムに戻る努力をします。

 

こうすることで、たとえイレギュラーなことがあっても、また変わらず早起きのいつもの生活習慣に自然に戻ってこれるようになります。

 

 

補足:イレギュラーな日は、頑張りすぎない

補足として、イレギュラーな予定の日は、なるべく労力を最小限にする方法を考えることをおすすめします。

 

いつもと違うことをしているだけで、人間疲れやすくなるものです。

 

いつもと違うことをしながらも、無理をしていつも通りにやろうとすると、とても消耗してい、疲れが残る結果に。

 

疲れが必要以上に溜まってしまうと、翌日以降の早起き生活に影響を及ぼしてしまうので、イレギュラーな日こそ、労力を極力最小限にする方法を常に考えながら行動するようにするのがおすすめです。

 

 



早起き習慣を身につけることの大きな魅力

早起きを習慣にする大きなメリット

早起きは「三文の徳」なんて言葉がありますが、早起きをするとどんなメリットがあるのかご存知ですか?

 

すでに体験し知っている方もいるとは思いますが、改めて早起きすることのメリットについて触れてみたいと思います。

 

早起きすることで得られる効果は以下の通りです。

 

  • 1日をゆとりをもった心で過ごせる
  • めんどうなことや大変なことも、朝のうちに済ませられ、ストレスが大幅に減る
  • 頭の回転が速くなり、効率的に作業できる。
  • 体の動きもスムーズになり、1日を最小の労力で行動できるようになる
  • 時間が生まれ、多くのことがこなせるようになる
  • 自分の時間が持てることで、好きなことができるようになる

まだまだ探せばたくさんあると思いますが、ざっとあげるとこのような感じでしょうか。

 

朝の1時間は夜の3時間に匹敵するとも言われています。

 

早起きをする人と、しない人では、その後の人生にも大きな差が生まれてくるのではないでしょうか。

 

早起きをすることで、自分の人生を自分主導でコントロールすることができるようになり、実現不可能かなと思っていたような夢も、叶うようになっていきます。

 

私自身も、以前は夜型人間で早起きできないことが長年の悩みでした。

 

子供が生まれてから徐々に早起きの大切さを身に染みて感じるようになり、試行錯誤の末早起きを身につけてからは、以前とは比べ物にならないほどパフォーマンスもあがり、1日に多くのことがこなせるようにもなりました。

 

今では、早起きが大好きで、1日のうちで一番大好きな時間にまでなりました。

 

 

まとめ:早起き習慣を身につけると、人生が思い通りになる

早起きを習慣にすると人生が思い通りになる

あなたは早起きの習慣を身につけたら何がしたいですか?

 

ずっとできなかったことを思いっきりやりたい、朝を誰よりもゆとりをもって過ごしたい。

 

願いは人それぞれですが、早起きが習慣的になることで、今の生活では実現不可能だと思っていたようなことも、叶いやすくなります。

 

この記事で書いた早起きを習慣にするために必要なコツについてもう一度まとめておきます。

 

  • 1日の行動計画を立てる
  • 夕方~夜の過ごし方を見直す
  • 自分に必要な睡眠時間を知る
  • 家族や同居している人へ早起きすることを告げる
  • 眠る時間を早くし、毎日一定にする

早起きをするにはコツが必要ですが、毎日積み重ねた人が得られるものはとてもはかりしれない大きなものです。

 

もしいま朝が苦手で悩んでいるのでしたら、この記事でご紹介したようなことを参考に、早起き生活を手に入れてくださいね。

 

しっかりと習慣として身につくころには、「早起きのない生活なんてもう考えられない」とまで思うようになりますよ^^

 

[st-card id=801 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

ABOUT ME
tomo
男の子3人のママをしながら、合間をぬってブログ運営をしています。毎日の暮らしをワクワクしてくれるようなこと、ちょっと楽しい気分になれるようなこと、お悩みを解決できるようなヒントなどを発信していきます。 【好きなこと・もの】ノート・手帳作り、ブログ作成、散歩、読書、ぼーっと草木を見ること、国内旅行、家、コーヒー