大河『光る君へ』に光源氏は登場しない?キャストやモデルとなった人物を調査

大河『光る君へ』に光源氏は登場しない?キャストやモデルとなった人物を調査

*本記事には広告が含まれています。

くろねこ探偵社の調査報告書を閲覧くださり、ありがとうございます。
本記事は「大河ドラマ『光る君へ』と光源氏」についての報告書です。

2024年の大河ドラマ『光る君へ』。
『源氏物語』の作者・紫式部の生き様に焦点を当てた物語となっていますが、『源氏物語』の主人公・光源氏も登場するのかと話題になっていました。

■今回の調査要点

  • 大河ドラマ『光る君へ』に、光源氏は登場するのか。
  • 光源氏役のキャストは誰か。
  • 光源氏のモデルとなった人物はいるのか。

大河ドラマ『光る君へ』と光源氏」について、調査を行った結果を以下に報告します。

くろねこ

調査担当:くろねこ。
足跡の続く限り、調査し続けました!


調査内容(もくじ)

大河ドラマ『光る君へ』に光源氏は登場しない

大河ドラマ『光る君へ』に光源氏は登場しない
出典元:NHK

大河ドラマ『光る君へ』には、光源氏という人物は登場しないことが明らかになっています。

その理由は、主に以下の3つ。

  1. 制作チーム・脚本家が「光源氏は登場しない」と断言。
  2. 『光る君へ』の人物相関図に記載されていない。
  3. 『光る君へ』は、紫式部の生き様に焦点を当てたストーリーとなっている。

①制作チーム・脚本家が「光源氏は登場しない」と断言

2023年12月11日に行われた『光る君へ』の初回試写会で、制作を統括する内田ゆきさんが、「源氏物語は描かない」「劇中劇のようなものもない」と、光源氏の登場はないことを断言しました

「源氏物語」の作者・紫式部が主人公の今作だが、会見で「源氏物語はなんらかの演出で表現されるのか?」と聞かれると、内田さんは「“光源氏は誰だ”というご期待の声も届いていますが、源氏物語は描かないです。劇中劇みたいなことは考えていません」ときっぱりと断言した。

引用元:Yahoo!ニュース/MANTAN WEB
くろねこ

制作サイドが断言しているなら、光源氏役が登場することは本当にないようだね。

②『光る君へ』の人物相関図に記載されていない

『光る君へ』へ登場する人物たち一覧とその関係性が描かれた「公式の人物相関図」にも、光源氏という役名の人物は掲載されていませんでした。

『光る君へ』の人物相関図
出典元:NHK

特別出演としてサプライズで登場する人物も稀にありますが、制作サイドも放送開始前から「光源氏の登場はない」と断言しているため、サプライズで光源氏が登場する可能性はかなり低いのではないでしょうか。

③『光る君へ』は、紫式部の生き様に焦点を当てたストーリーとなっている

『光る君へ』は、源氏物語をドラマ化した作品ではなく、その作者・紫式部の生き様に焦点を当てた物語となっています。

紫式部は確かに『源氏物語』を執筆しましたが、それは紫式部の人生の中の1つの要素。
そのため『光る君へ』では、『源氏物語』のストーリーを再現する必要はあまりなく、光源氏を登場させる理由も特段ありません。

物語中で『源氏物語』を彷彿させるようなシーンは登場するようですが、あくまでも「オマージュ」であるとされています。

大河ドラマ『光る君へ』に光源氏が登場すると思われた理由

大河ドラマ『光る君へ』に「光源氏は登場するのか」と言われ始めたのは、以下のような理由があったからのようです。

  1. 紫式部の話だから。
  2. タイトルにある「光る君」は光源氏の別名でもあるから。
  3. 同じ時代を描いた作品では光源氏の登場がよく見られたから。

①紫式部の話だから

『光る君へ』に光源氏が登場するのでは?と思われた理由の1つに、「紫式部の話だから」というものがあります。

「紫式部といえば源氏物語」「源氏物語といえば光源氏」というように、関連深いものから連想されて、光源氏も登場するのではと憶測が流れるようになったようです。

②タイトルにある「光る君」は光源氏の別名でもあるから

ドラマのタイトルにも含まれている「光る君」は、光源氏の別名としても知られています。

光源氏について調べてみると、以下のような解説もありました。

源氏物語の主人公。桐壺の帝の第2皇子。母は桐壺の更衣こうい。源氏の姓を賜って臣籍に下る。光君。源氏の君。

引用元:コトバンク

この「光君」は「ひかるきみ」と読みます。

上記のように、「大河ドラマのタイトルに、光源氏をイメージさせるような言葉が入っていた」ことで、光源氏も登場するのでは?との憶測を呼んだようです。

③同じ時代を描いた作品では光源氏の登場がよく見られたから

『光る君へ』と同じように平安時代を舞台とした作品では、『源氏物語』やその登場人物が出てくることが多かったため、『光る君へ』にも光源氏が登場するのでは?と考えた方が多かったようです。

確かに、平安時代が舞台の話と聞いたら、「源氏物語も描かれるのかな?」とふと思ってしまいますよね。

くろねこ

『源氏物語』は当時を代表する名作だものね。

ネット上では光源氏役のキャスト予想で賑わった

2024年の大河ドラマが平安時代を舞台とした『光る君へ』が放送されるという話が公表されてから、ネット上では出演するキャストは誰なのか?というキャスト予想で盛り上がっていました

その中の1つとして特に注目されたのが、「絶世のイケメンとされた光源氏は誰が演じるのか?」という話。
光源氏役のキャスト予想を書いた記事やSNS投稿が多数流れました。

「『光る君へ』に光源氏がもし登場するとしたら、こんな人が演じるのでは?」と名前が挙がっていた方は以下の通り。

  1. 横浜流星
  2. 塩野瑛久
  3. 平野紫耀
  4. 永瀬廉
  5. 目黒蓮
  6. 道枝駿佑
  7. 山田涼介
  8. 岸優太
  9. 高橋海斗
  10. 神宮寺勇太
  11. 佐久間大介
  12. 中島健人
  13. 松村北斗
  14. 北村匠海
  15. 岩田剛典
  16. 千葉雄大
  17. 市川染五郎
  18. 高橋文哉
  19. 中川大志
  20. 町田啓太
  21. 松下洸平

どなたもイケメンで、光源氏のように女性にモテそうな方々の名前がズラリですね。

特に多かったのが横浜流星さんの名でしたが、横浜流星さんについては「2025年大河ドラマの主演に決定したため、光源氏役で登場することはないのでは?」との見解も付け加えて流れていました。

塩野瑛久さんについては、一条天皇役ですでに『光る君へ』への出演が決定していますが、1人2役で演じるのでは?との見解で名前が挙げられていました。

その他、総勢20名以上もの方の名が挙げられていましたが、みなさんそれぞれに「この人に光源氏をやって欲しい!」という希望が大いに含まれての予測となっていたようです。

くろねこ

もし機会があったらみなさんの光源氏姿、見てみたいですね。

光源氏のモデルとなった人物は誰?

光源氏のモデルとなった人物は誰?
出典元:国文学研究資料館/源氏物語絵屏風

『光る君へ』には「光源氏は登場しない」ということは明らかになっていますが、「紫式部が光源氏という人物を描くにあたってモデルとした人はいるのか?」という点も、なかなか気になるところです。

『源氏物語』は、紫式部が生きた平安時代の貴族たちの恋愛や権力争いの模様を描いた物語。

主人公である光源氏はかなりのイケメンで、文武両道。
何をやっても才能に秀でている上に、天皇の息子という上流階級の御子息でもありました。

そんな光源氏を周囲の女性たちが放っておくはずはなく、特に光源氏に近い立場にいる女性たちは、正妻の座を狙い夢中になっていました。

この光源氏という人物のモデルとなったと言われているのが、以下の人々。

  1. 源融(みなもとの とおる)
  2. 藤原道長(ふじわら みちなが)
  3. 源高明(みなもとの たかあき)
  4. 嵯峨天皇(さがてんのう)
  5. 醍醐源氏(だいご げんじ)
  6. 敦慶親(あつよし しんのう)
  7. 藤原伊周(ふじわらの これちか)
  8. 源光(みなもと の ひかる)
  9. 藤原実方(ふじわらの さねかた)
  10. 在原業平(ありわらの なりひら)

モデルとなった人物は多数いて、それぞれに諸説ありますが、有力候補と言われてきたのが「源融」や「藤原道長」です。

光源氏のモデル候補①:源融

源融は、嵯峨天皇の皇子として知られる人物ですが、光源氏のモデルとなったのではないかとの話も残されています。

理由としては、以下のような点が挙げられています。

  • 光源氏と源融の生い立ちが類似している。
  • 共に裕福な暮らしをしている。
  • 描かれる容姿が似ている。 

源融は、天皇の息子として生まれたものの、天皇の座に着くことができなかった人物として知られています。

『源氏物語』に描かれる光源氏も同じく、天皇の息子として生まれましたが、天皇の座に着くことができなかった人物として描かれています。

このような生い立ちの類似や、裕福な暮らしをしていた点などがとてもよく似ているため、光源氏の有力候補として語られるようになりました。

また、「源融を描いた姿と、光源氏を描いた姿もよく似ている」との話も、光源氏のモデル説を裏付ける要素として語られています。

光源氏のモデル候補②:藤原道長

藤原道長は、紫式部が読み書きを教え仕えた中宮彰子の父となる人物。
紫式部に、当時貴重品であった紙や墨などを提供し、『源氏物語』の執筆をサポートしたと言われています。

室町時代の初期に書かれた『尊卑分脈』という系図集では、紫式部は藤原道長の妾(愛人)だったという記述も残されていたりします。

大河ドラマ『光る君へ』でも、藤原道長は紫式部(まひろ)の意中の人として描かれています。

紫式部が好きな人を思いながら書いたとしたら、光源氏のモデルが藤原道長だった可能性も充分にあり得そうですね。

【調査結果】大河ドラマ『光る君へ』と光源氏について

大河ドラマ『光る君へ』と光源氏についての調査詳細は以上になります。
調査結果を以下にお知らせします。

大河ドラマ『光る君へ』と光源氏についての調査結果
  • 『光る君へ』に、光源氏は登場しない。
  • 『光る君へ』に光源氏が登場すると思われたのは、紫式部がテーマであることや、タイトルに含まれた言葉の影響を与えていた。
  • ネットでは光源氏役を誰が演じるのか、キャスト予想に沸いていた。
  • 光源氏にはモデルになったとされる人物が多数存在していた。
くろねこ

報告は以上です。
ほかの「調査報告書」もぜひ読んでみてにゃ。

▶︎『光る君へ』の原作は?

あわせて読みたい
大河『光る君へ』に原作漫画や小説はなし、脚本家・大石静のオリジナル物語 くろねこ探偵社の調査報告書を閲覧くださり、ありがとうございます。本記事は「大河ドラマ『光る君へ』の原作&脚本」についての報告書です。 2024年の大河ドラマ『光る...

▶︎まひろの少女時代を演じたあの子

あわせて読みたい
大河『光る君へ』まひろ(紫式部)の子役は落井実結子、出演作・経歴・両親兄弟を調査【Wiki的プロフィール】 くろねこ探偵社の調査報告書を閲覧くださり、ありがとうございます。本記事は「大河『光る君へ』でまひろの幼少期を演じる子役・落井実結子」についての報告書です。 20...
  • URLをコピーしました!

本件の調査担当

くろねこ探偵社へようこそ。
町のあちこちで囁かれているあのことや依頼の案件を、探偵くろねこなりの方法で調査。報告書にまとめあげます。
黒いこの体は、極秘調査にもピッタリなのさ。
調査依頼は常時受付中。いつでも依頼してね!

調査内容(もくじ)