【目撃情報多数】大火球の正体は隕石落下?(2024年1月15日)

【目撃情報多数】大火球の正体は隕石落下?(2024年1月15日)

*本記事には広告が含まれています。


調査内容(もくじ)

2024年1月15日午前6時ごろ「大火球」が目撃される

2024年1月15日の午前6時55分ごろ、東北・関東・中部地方で「火球」が落ちてくるのも見たという目撃情報が相次ぎました。

SNS上では、火球が見えたのと同時刻に「爆発したような音を聞いた」という報告も多数寄せられています。

今朝七時過ぎ、マンション10階ベランダから、空は明るいのに大きな青く光る火の玉を見ました。燃える音も聞こえホントびっくりしました。

引用元:流星/火球/隕石の掲示板

東京都、江戸川区に住んでいます。6:58頃、西側の低い上空(ビルとビルの間を)を光の弧を描いて、かなり光る物体を見ました。
ほんの一瞬の出来事でした。呆然とするくらい、大きく光っていました。あれはなんだったのでしょうか?

引用元:流星/火球/隕石の掲示板

1/15(月)今朝7時頃
千葉県流山市、土手を犬の散歩中
犬が立ち止まったので上をみたら
ブルーグリーンのような
発光体が流れて江戸川に向かって
落ちていったのを見ました。

引用元:流星/火球/隕石の掲示板

2024/1/15㈪ 6:55頃
静岡県賀茂郡東伊豆町の大川駅で
下り電車 6:54発を見送ったあとの 目撃でした。

明るくなりかけてた空に
宝石みたいな輝きの光の物体が
東の空から 西に向かって落ちて行ったのを目撃しました。
かなり低空で 結構 大きかったです。
こんなこと 初めて体験しました。
一瞬の出来事でした。

引用元:流星/火球/隕石の掲示板

2024年 1月15日 午前6時57分
福島県中通り白河から那須上空辺りに
1秒程光るブルーとホワイトの流れ星?火球?
の様なものを見ました!
大きく、又、近くびっくりしました。

引用元:流星/火球/隕石の掲示板

宮城県で東から西へ青白く光っているのを目撃しました。

引用元:流星/火球/隕石の掲示板

2024年1月15日目撃「大火球」の正体は隕石?

夜明けの空に一瞬見えた明るい光の球。
上から下へ落ちていっているようもみえますが、正体は一体何なのか気になるところです。

この火球の正体については、以下のような話が出ています。

  1. 隕石が落下したもの
  2. 流れ星
  3. サーチライト
  4. 人工衛星
くろねこ

何だったのか気になるな〜。

「火球の正体」について調べてみると以下のような解説が掲載されていました。

■流れ星の場合

「これはあの『火球』とよくね、呼んでいる現象なんですね。簡単に言ってしまいますとね、明るい流れ星のことなんです、流星とも言いますけどね」

流れ星は、宇宙空間にある直径1ミリから数センチほどの砂粒のようなものが、地球の大気に激しく衝突して気化し、大気の成分と混ざりあって光を放つ現象です。流れ星のなかでも、夜空にみえる金星と同等以上に明るいものを「火球」とよびます。

引用元:CATCHY

■人工衛星の場合

日の入り数時間後ぐらいまでと、日の出の数時間前ぐらいからの時刻に、星々の間をゆっくり動く光の点を見ることがあります。

これはたいてい人工衛星で、数十秒から、長いときは数分間見えていることもあります。

引用元:国立天文台

■サーチライトの場合

快晴ではなく、少し雲があるような天候の時に、雲の上を規則的に光が移動しているように見えることがあります。これは、たいていの場合サーチライトです。

地上から空に向かってビーム状の光が放たれ、それがぐるぐると移動していますので、光が当たった部分だけ雲が光って見えます。それがあたかも、雲の上に巨大な光った物体があるように見えてしまうのです。ある時刻になるとサーチライトが消えてしまって、ぱったりと見えなくなってしまったりします。

引用元:国立天文台

飛球は、人工衛星やサーチライトでも同様にみえる時があるようですね。

2024年1月15日の朝に目撃された飛球の正体について、平塚市博物館の天文担当学芸員の方がXで回答されているものがありました。

くろねこ

どうやら「散々流星の火球」だったらしい!

散々流星について調べてみると、いわゆる「流れ星」のことのようで、1月15日に目撃された火の玉は、宇宙空間に漂う小さなチリゴミや小石のような物体が、猛スピードで地球に向かって飛んで来た時に、空気中の分子と衝突して光を放ったもの、ということのようです。

宇宙空間には、たいへん小さなチリゴミや小石のような物体が無数にただよっています。これが地球に向かってきて毎秒10kmをこえるもうスピードで大気に飛び込み、空気などの分子としょうとつして光を出す現象が流れ星(流星)1です。

そして火球は、流星の中でも特に明るいものをさします。

厳密(げんみつ)なきまりはありませんが、地上で観測された明るさが-3~-4等級より明るくなるものを火球と呼んでいます2。ふつうの流星では飛び込んでくるチリの大きさは約1mmから数cmほどですが、それより大きなものだと火球になります。
ときには大気中で燃えつきずに地上にとどく場合があり、これが隕石です。

引用元:キヤノンサイエンスラボ・キッズ
くろねこ

なるほど!

と、いうことで、2024年1月15日の朝7時前ごろに目撃された光の球は、宇宙から飛来したチリやゴミが燃えた、「流れ星」ということのようです。

くろねこ

音を聞いた人もいるみたいだから、驚いたよね。

  • URLをコピーしました!

本件の調査担当

くろねこ探偵社へようこそ。
町のあちこちで囁かれているあのことや依頼の案件を、探偵くろねこなりの方法で調査。報告書にまとめあげます。
黒いこの体は、極秘調査にもピッタリなのさ。
調査依頼は常時受付中。いつでも依頼してね!

調査内容(もくじ)