楽家事 節約について知りたい 節約・家計

つい買ってしまう衝動買いをやめるシンプルな方法【安心して暮らせる】

2019年1月30日

「あぁ結構買ったな」「ついつい買っちゃった」衝動買いをした後に、なんだかモヤモヤした気持ちが残ってしまうことってありますよね。

 

予算も決めているのに、買い物にいったら予定していた以外の物もついついカゴにいれてしまう。

 

気が付いたらかなりの予算オーバー。

 

よくあるシーンです。

 

できれば、衝動買いをしない自分になって、もっとお金にゆとりを持って暮らしたい。

 

本当はそんな風に思っているのではないですか?

 

今回は、衝動買いをしてしまう原因と、それを解決する方法についてお伝えしたいと思います。

 

私自身も、かつては買い物が上手ではなくて、予定外の物ばかり買ってしまい、自己嫌悪になる毎日を過ごしていました。

 

今では衝動買いをすることもほとんどなくなり、穏やかで安心した毎日を過ごせるようになりました。

 

この記事を読み終わるころには、衝動買いをしないために何が必要なのかがわかり、平和で落ち着いた生活をしていくことができるようになれるはずです。

 

この記事の内容

  • 衝動買いをやめるためには、”自分の心を満たすこと”が大切だと知る。
  • 衝動買いが劇的に減る具体的な方法がわかる。
  • 心の中にあるモヤモヤが解決し、安心した暮らしを手に入れることができる

 

スポンサーリンク



衝動買いをやめるには、”心を満たすこと”が鍵

衝動買いをやめるには心を満たしてあげることが重要

衝動買いをやめるには、「自分の心を満たしてあげること」が最重要です。

 

 



スポンサーリンク



衝動買いをしてしまう行動の陰にあるもの

衝動買いをしてしまう行動の陰にあるもの

本来は買う予定でなかったものを、なぜついつい買ってしまうのでしょうか。

 

そこには、本人も気づいていなかった心理が隠されています。

 

衝動買いは気分でしている買い物です。

 

つまり感情的な行動です。

 

人はなんの理由もないのにわざわざお金を出して買ったりはしません。

 

なにか感情に動きがあると、お金を出してそれを買うという行動にでます。

 

では衝動買いをするときにどんな感情が動いているかというと・・・

 

  • 不安
  • 心配
  • 損得
  • イライラやモヤモヤとしたストレス
  • 日常への不満
  • 人からよくみられたいという欲求

などです。

 

それらが刺激されたときに、目の前にあるものを買うという行動にでます。

 

例えば・・・

  • トイレットペーパーがもう手に入らなくなるらしいと噂を聞いた(不安)
  • 旅先で胃が痛くなったらどうしよう(心配)
  • 今買わないともうこの値段では買えないかも(損得)
  • 何かパーッとお金を使いたいな(ストレス)
  • 節約ばかりでつらいな、たまには美味しいもの食べたいな(日常的な不満)
  • この服来たら絶対可愛いなぁ(人からよくみられたい)

という感じです。

 

買うことで、「不安に感じる心」だったり、「毎日への不満を解消したい思い」だったり、何かを埋めようとしているわけですね。

 

なので不安が強い人や、ストレスが溜まっている人ほど、どんどんお金を使ってしまいがちです。

 

 



スポンサーリンク



衝動買いをやめるために必要な「自分の望み」を知る方法

衝動買いをやめるには、自分の本当の望みを知る

衝動買いは「感情的な行動」です。

 

なので、衝動買いをやめるためには、なるべく感情の動きをなだらかにし、平穏に過ごすことがポイントになるかと思います。

 

感情を穏やかにすれば、毎日も必然的に平和になり、幸福感もアップします。

 

 

①悩みや葛藤を全て書き出す

感情の起伏をなるべく穏やかにして、衝動買いをしない自分になるためには、まずその原因である「悩みや心の中の葛藤」などを知る必要があります。

 

そのために紙とペンを用意して、心が空っぽになるまで今思うことを書いてみましょう。

 

もう何も出ないというところまで書くのがポイントです。

 

なぜ紙に書き出すのかというと、手を使って紙に書くことで、自分の心も実際にコロコロ動き、心の中身を可視化することができるからです。

 

いわゆる「見える化」です。

 

②自分は何を欲していたか

紙に思いのままを書き出してみると、自分が本当に望んでいたものが何だったのががよくわかるようになります。

 

安心を欲していたり、イライラやモヤモヤを晴らしたかったり、もっと認められたいと思っていたり。

 

本当に欲しいのは目の前の物ではなくて、もっと別のものだったことがよくわかると思います。

 

 

③心から望むものを手にいれるために、動き出す

自分が心から望んでいるものがわかったら、それを手にいれるにはどうすればいいかを考えて動き出します。

 

すぐには解決しないものの場合もあるし、少し時間がかかるもののあると思いますが、あきらめてしまわず、いろんな方法で望むものが手に入るように考えてみて下さい。

 

 



スポンサーリンク



衝動買いが劇的に減る、効果的な方法

衝動買いが劇的に減る方法

衝動買いを減らす効果を高めるために、以下の方法も有効的です。

 

  • 毎月買うものは適正量を知る
  • お店に行く回数を決めてしまう
  • ネットショッピングのブクマやアプリを外す

 

 

①毎月買うものは適正量を知る

日用品や調味料など毎月必ず買う必需品は、1か月にどれくらいの量があったら不足がないのか知っておくことがポイントです。

 

「あ!あれも買うんだった!」とこまめに買い物にいけばいくほど、ついでに買う衝動買いが増えてしまいます。

 

毎月一定数を買うようにしていれば、なくなったら不安という気持ちや、安いから今買っておこうという感情にとらわれず、過不足なく過ごせるので、衝動買いを防ぐのに大きなストッパーにもなります。

 

 

②お店行く回数を決めてしまう

何度でも、いつでもいけると思うと、買い物もこまめになりそのつど衝動買いをしてしまうリスクが高まります。

 

1週間に1回や2回など、行く回数を決めて守るようにすることで一回一回の買い物に集中し、無駄な買い物をするリスクも減ります。

 

 

③ネットショッピングなどのブクマやアプリを外す

買い物の誘惑は外だけではありません。

家にいてもスマホをひらけば、いつでも手軽に買い物ができてしまう環境も、衝動買いをしてしまう危険が高くなります。

 

すぐにアクセスできてしまうアプリは極力消してしまい、ブックマークも外してしまいます。

 

また可能なら、ショッピングサイトに登録している個人情報も削除してしまうのがおすすめです。

 

本当に必要な買い物をするときは、やや手間はかかりますが、その分なんとなく~と覗いてポチってしまうことはグッと減ります。

 

 

スポンサーリンク



心を満たしていくのは時間が必要、でも効果は高い

心を満たしていくのは時間がかかる、でも効果は高い

衝動買いをやめるためには、心を満たすことが大切なポイントですが、望んでいる内容によってはすぐに叶わないものだったりすることもありますよね。

 

簡単に手に入らないから、その上手くいかない気持ちを目の前の物欲で埋めようとしているという側面もあるのだから。

 

労力がかかったり、しんどい思いをはじめはするかもしれません。

 

ですが、逆に捉えると、一度心から望むものが手に入ってしまえば、今抱えている不安や心配、恐れなどに振り回されることは、2度となくなるということです。

 

時間や手間はかかっても、客観的に見てみれば、そのほうが結果的に幸せに過ごせることに間違いはないかなと思います。

 

衝動買いをやめるには、自分をよく知ることがスタートです。

 

 

何度も問題に向き合うことが解決への近道

何度も問題へ向き合うことが解決への近道

衝動買いを心からやめたいと思っているならば、自分の中の悩みや葛藤と向き合うことが必要なわけですが、自分の中のものに向き合うのは、時にしんどかったり、見たくなかったりすることもあると思います。

 

ですが、必要な作業ですし、1度向き合ってしまえば、その後は以前より幸福感がアップします。

 

いつまでもひきずって、もんもんとしているよりは、解決へ向かって歩みだすのが幸せへの1番の近道です。

 

問題解決のポイント

  • 早く解決しようと焦らない
  • いろんな感情を感じるのは悪いことではない
  • 見える化してなるべく客観視する

 

 

早く解決しようとしない

時間がかかるものもあります。

 

焦らずに腰を据えて取り組むことがいい結果につながります。

 

 

いろんな感情を感じるのは悪いことではない

ネガティブなものだったり、心地よくないものだったり、いろんな感情が沸き起こってくることもあります。

 

ですが、それは決して悪いことではないと思います。

 

問題を乗り越えていくためには、いくつかの感情を踏んでいくこともあるので、これは解決するために必要なステップだと捉えます。

 

 

見える化してなるべく客観視する

問題を解決しようとするとき、紙に書くなどなるべく見える化すると、問題を的確に捉えられるのでおすすめです。

 

また紙などに見える化したものは、第三者目線で客観的に見えるので、考えやすくなります。

 

 

【まとめ】衝動買いをやめるには、”心を満たすこと”が鍵

衝動買いをやめると幸福感がアップし、安心して暮らせる

人は、何かを思い、何かを感じ、買い物をしています。

 

それを買うことで満たしたかったものは何だったのか。

 

それを買ってどんな未来が欲しかったのか。

 

生きていくのにないと困る必需品は別の話ですが、買おうとした物に何を求めて、それを手にしたのか探ってみることで、自分が本来欲しかった望んでいるものを知ることができます。

 

この記事のポイント

  • 衝動買いをやめるには、「心を満たすこと」が鍵。
  • 衝動買いをする行動の陰には、満たしたい思いがある。
  • 衝動買いをやめるには、自分の心の内を知ることが大切。
  • 買い物に行く回数や機会をわざと減らす工夫をする。
  • 自分の心を満たすために、心の内にあるものを書き出してみる。

 

衝動買いをやめたい理由は、貯金がもっとしたいとか、毎月予算通り暮らしたいとか様々な思いがあると思います。

 

買い物と自分の願望という、一見関係ないように思える2つも、実は深いところで密接につながっています。

 

自分と向き合い、衝動買いをしない自分になれると、心の底から満足した日々を過ごせるようになります。

 

そして、以前よりもはるかに安心して、前向きに暮らしている自分に気が付くと思います。

 

買い物をコントロールできることは、自分の心もコントロールできるということです。

 

しいては自分の未来、人生もコントロールできるようにつながっていきます。

 

もし、いま衝動買いで悩んでいるとしたら、ぜひ一度手を止めて、自分の心の声を聞いてあげてください。

 

必ず幸せになれるヒントをくれるはずです。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tomo

男の子3人のママをしながら、合間をぬってブログ運営をしています。毎日の暮らしをワクワクしてくれるようなこと、ちょっと楽しい気分になれるようなこと、お悩みを解決できるようなヒントなどを発信していきます。 【好きなこと・もの】ノート・手帳作り、ブログ作成、散歩、読書、ぼーっと草木を見ること、国内旅行、家、コーヒー

-楽家事 節約について知りたい, 節約・家計
-

Copyright© Shufufu , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.