ワーキングマザーの朝はやっぱり大変?実際のタイムスケジュールから目からウロコな工夫まで

ワーキングマザーの朝はやっぱり大変?実際のタイムスケジュールから目からウロコな工夫まで

ワーママにとって、朝は家事に育児に仕事前の準備に…と一日の中で一番忙しい時間ですよね。

毎日のドタバタから開放されてもっとゆとりのある朝時間を過ごしたい!と思っているけれど、なかなか上手くいかない人も多いのではないでしょうか。

ここでは、働くママの朝時間がちょっと楽になる、朝の過ごし方の工夫をお伝えしていきます。

ワーママ達のリアルな朝事情から、驚きの工夫まで…
明日からでも実践できるものもありますので、生活に取り入れて、ゆとりのある朝を目指しましょう!

*この記事の執筆ママライター:aya

目次

働くママのリアルな朝の過ごし方【ワーママ達のタイムスケジュール】

働くママのリアルな朝の過ごし方【ワーママ達のタイムスケジュール】

朝の時間は、とにかく家事に育児に身支度に…することが山のよう、ワーママのみなさんが朝にどのように全てをこなしているか気になりますよね!

まずは私が試行錯誤の上でたどりついた…リアルな朝のタイムスケジュールを紹介していきたいと思います。

ワーママの朝のタイムスケジュール

ワーママの朝のタイムスケジュール

家族構成 パパ ママ 娘 3歳と1歳(保育園)

前日の夜に洗濯物を回して乾燥をかけて、保育園や自分の荷物準備は前日に済ませ、朝は家事負担を少なめにしています!

家族より少し早めに起きて一日をスタートする方法に落ち着きました。

時間   タスク
5:15〜ママ 起床 身支度・スケジュール確認 洗濯物を片付け 子どもたちの身支度グッズのセット
パパ 起床 犬のお世話 ごみ捨て
5:30〜ママ 朝食準備 お弁当を詰める、水筒の準備
パパ 子どもの着替え、オムツ替え
子どもたち 起床
6:00〜パパ ママ 子どもたち 朝食:子どもたちは手づかみしやすいパンやフルーツがメイン
6:15〜ママ 夕食の下準備 朝食片付け 食器洗い(食洗機におまかせ)
6:30〜パパ 子どもたちの検温 歯磨き 自分の身支度
6:45〜ママ 掃除 寝室の片付け
7:00〜ママ 子どもたちの連絡帳記入 持ち物の確認
パパ 出勤
7:15〜ママ 自分の身支度・持ち物最終チェック 家の戸締りチェック
子どもたち 身支度・持ち物チェック
7:30〜ママ 保育園に送りながら出勤

ママが起きてから家族みんなが家を出るまでは約2時間
まさに分単位で動いています!

パパが比較的協力して育児に参加し準備を手伝ってくれるため、助かっている部分も…。

時間に余裕を持たせたスケジュールにして、子どもの機嫌が悪く身支度に時間がかかっても遅刻しないようにしています。

ワーキングマザーの朝は壮絶?みんなはどんなことを感じてる?

ワーキングマザーの朝は壮絶?みんなはどんなことを感じてる?

ワーママの朝はまさにドタバタの大忙し!

具体的にどんな状況ででどんなことに困っているのでしょうか?

家事の悩み

毎日掃除をしたいのに、手が回らず家の中はいつも散らかっている…

畳んでいない洗濯物が山のようになっていて手が付けられない、見てみぬフリをする毎日

朝ごはんの片づけが終わらずにシンクに洗い物が残ったまま出勤している

など…掃除に洗濯に料理、片付けと家事のあまりの多さに手が回らないという意見が多いようです。

1日出来ないとたまりに溜まって余計手が付けられなくなる悪循環に陥ってしまう事も…。


育児をしながらの家事は思うように進まないことも多いですよね。

自分の身支度の悩み

自分のことまで手が回らず、こそこそと出勤中に身支度を整えてます

気付けばいつも子どもの食べこぼしを洋服につけたまま出勤

ママの朝ごはんは食パンをかじるだけ…

と、家事や育児を優先して自分のことは後回し。

独身時代のような丁寧な身支度、お洒落な朝食メニューには程遠い生活を送っている人がほとんど…痛いほどよく分かります…。

ワーママの理想の朝時間とは?

ワーママの理想の朝時間とは?

理想と現実…毎日がドタバタのワーママの朝ですが、こうなりたい、こんな過ごし方をしたいと思うことやイメージすることがワーママの朝時間をより良くするための第一歩!

こんな朝時間を過ごしたい!というワーママの理想を集めました。

ゆっくり椅子に座って子どもと会話しながら食べる朝ごはん

朝起きたらヨガやストレッチ、読書。少しでも体や頭がリセットできるような習慣を取り入れたい

子どもの食事、身支度を早くしなさいと怒らなくてもいい心と時間の余裕が欲しい!

身支度をきちっと整えて、気持ちを引き締めて仕事に向かいたい

何でも良いから、朝活を始めたい!!


こんな朝時間を送りたいという理想は人それぞれですが、家族とゆっくり朝食を食べる、自分時間を持つことを理想としている人が多いですね。

これは理想だから現実には無理だ…と諦めてしまう人が多いのですが、朝時間は少しの工夫で劇的に変わる可能性があります。


まずは、こんな朝時間を送りたいと、イメージし意識を高めることが大切です。

ワーキングマザーの朝「悩み事」をまとめると?

ワーキングマザーの朝「悩み事」をまとめると?

ワーキングマザーのリアルな朝の悩みや現状に、分かる分かる、我が家と一緒だ…!と共感した人も多いはずです。


周りを見るとみんな余裕があるように見えて、こんなにドタバタしているのは私だけ?と心配になっていた人もいると思います。

ですが、ワーママたちはみんな、山のような家事を片付け、育児に奮闘しながら忙しい朝を過ごしています。


家族構成や環境で悩みや朝のスケジュールも多少変わってきますが、多くのワーママが抱える共通の悩みをまとめました。

みんなの悩みを知ることで、自分の中のモヤモヤがはっきりすることも・・・!

悩みを見える化し、ジャンル分けすることによって、一番の問題は何か、改善できそうかどうかが分かってきます。



働くママ達がよく抱える悩みは、主に3つのジャンルに分かれているようです。

自分の悩みはどの悩みに近いのか、チェックしてみてくださいね。

ワーママ共通!朝のお悩みTOP3!

  1. 家事負担が大きい:掃除、洗濯、食事の準備に片づけが大変、終わらない、時間がかかる     
  2. 自分の身支度の時間がない:自分の食事時間や身支度はいつも後回し…
  3. 子どもの食事や身支度をもっとスムーズにしたい:朝食に時間がかかる、身支度が進まない、保育園幼稚園に遅刻ギリギリ…

働くママの朝を楽にする!ワーママも子も笑顔が生まれる工夫

働くママの朝を楽にする!ワーママも子も笑顔が生まれる工夫

朝の時間の使い方をマスターして、憧れの朝時間を手に入れたい…!その思いを現実にしたい・・・!


以下からは、どのようにしたらもう少し朝時間に余裕が生まれるのか、朝時間の活用方法の工夫をお伝えしていきます。

そんな発想は思いつかなかった!明日から出来そう!など、手軽に挑戦できる工夫はたくさんあります。
ぜひチェックしてみてくださいね。

起床編

起床編

みなさん朝は何時に起きていますか?子どもと一緒に起きますか?それともママが先に起きますか?

この起床時間やタイミングを工夫したことで『朝にゆとりがうまれた!自分の時間を持てるようになった!という人が続出』しています。

朝の起床を工夫するポイント

  1. 家族より早く起きる→一人時間を有効活用
  2. 今の起床時間を10分でも20分でもいいから早めてみる→朝のタイムスケジュールに余裕を持たせる

子どもと一緒に起きると、どうしても家事と育児が同時進行になってしまい、家事の途中で子どもの世話をして、また家事をしてと行ったり来たり…なかなか先に進みませんよね。

家族より先に起きて、一人の時間に出来る限りの家事を済ませるなど、身支度を済ませておくと子どもが起きた後の作業が楽になります。
やるべきことはなくなりません!とにかく効率UPを目標に!


起床時間を早めて、朝のお一人様ゴールデンタイムを有効活用すると良いかなと思います。

朝が苦手な方は、同時に就寝時間を少しはやめることも忘れずに…無理しすぎて睡眠時間が削られて体調を崩してしまわぬよう注意してくださいね。

朝の家事編

朝の家事編

朝の家事TOP3の料理(朝食、お弁当、夕食下準備など) 洗濯 掃除!
これを全て完璧にこなそうとすると時間も足りないし、なかなかはかどらなくてイライラして家族に当たってしまうことも…。

何のために家事をするのか…それは自分や家族が笑顔で気持ちよく生活するためではないでしょうか?


こうしなくてはいけない、自分の母親が毎日やっていたから…など、固定観念で決め付けていた家事は本当に毎日しなくてはいけないもの?
手抜きしても大丈夫かも、など、まずは朝の家事をひとつひとつ棚卸ししてみると、いろいろなことが見えてきます。

具体的な家事の工夫を取り入れる前にまずは、家事の見直しをおすすめします!

朝の家事 工夫ポイント

  1. 家事の見直し
  2. 役割分担を決めよう→子どもが自分で出来ること、パパに頼めることもあるはず!
  3. 家電に頼る→食洗機、乾燥機、ロボット掃除機、今は便利な家電がたくさん

朝の家事をママが一人で抱えていませんか?

家事の見直しをすると、この作業はパパにお願いできるかも?この身支度は準備しておけば子どもだけでできるかもと、役割分担できるものが見えてきます。


我が家も、今までは子どもの身支度は全てママの担当でしたが、朝の着替えをパパ担当にしたことで、その間に朝食準備が出来て、着替え終わったらすぐに朝食といったスムーズな流れになりました!

慣れるまでは紙やホワイトボードに書いて確認しながら進めていくと、忘れることなく、相手が今何をしている状況かも把握できておすすめです。


そして、すでに取り入れている人も多いと思いますが、家電に頼ることも大切!
食洗機を悩んだ末に導入し、劇的に洗い物が楽になった感動は今でも忘れません…。

人に家電に…とにかく頼っていくことがポイントです。

朝ごはん編

朝ごはん編

朝ごはんはバランスの取れたあたたかい食事を取ることが理想的。
でも、朝から朝食準備に多くの時間は削れないと思います。

朝時間の使い方が上手なワーママ達の朝ごはんの工夫をまとめました。

朝ごはん 工夫ポイント

  • 朝ごはんの定番化→決まったものを食べることで準備片付けもスムーズに
  • 朝食はワンプレートで洗い物を最小限に
  • 朝ごはんグッズは冷蔵庫にまとめてセット→子どもやパパが自分たちで用意して食べる仕組みづくり
  • 朝食は子どもの好きなメニューに→時間内に食べ切ることが目標

朝ごはんの定番化は、『トーストにフルーツを添えたヨーグルトといった洋食メニュー』や『ご飯、味噌汁、納豆、漬物といった和食メニュー』など、毎日の定番を作ることで準備片づけを簡単にする方法です。

明日の朝食は何にしようといった献立を考える事や、買い物も迷わずできると、メニューをシンプルするとメリットがたくさん。


ワンプレートにしたり、火を使わずに出来るメニューにして洗い物を最小限にする方法を取りいれ、片付け時間の大幅カットに成功した人も多いようです。

子どもの朝食は、理想はお野菜たっぷり、卵などのたんぱく質に炭水化物もしっかりとる栄養バランスがとれた食事ですが、好き嫌いが多い子や食事に時間がかかる子はそのようなボリュームのある朝ごはんは食べ切れずに残してしまうことも…。

成長期の子どもにバランスがとれた食事を作ることはとても大切なことですが、朝ごはんは少なめにして、夜ご飯で栄養を補うなど、1日単位でバランスを考えれば大丈夫!

子どもが無理なく、朝から笑顔でご飯の時間を迎えることを重要視してみると、朝ごはんの時間がよりよくなることもあります。

朝の支度編

朝の支度編

朝は幼稚園や保育園、学校に仕事、家族それぞれが身支度をする時間。

子どもの支度も、パパママも支度も、支度時間の短縮に大切なポイントをお伝えします!

朝の支度 工夫ポイント

  • 自分の身支度は子どもが起きる前に済ませておく→自分のことはつい後回しになってしまいがち、先に済ませておけば身支度の時間は確実に確保できます
  • 身支度に必要なものはひとまとめに→あちこち移動しなくても準備ができる環境作り
  • 自分や子どもの着る服は前日にセット→急いで決めて組み合わせがおかしかった…なんて失敗は卒業!

先ほど起床編でもお伝えしましたが、自分の身支度を朝一番に行うと確実に身支度タイムが確保出来るだけでなく、しっかりと身なりを整える事で気持ちも引き締まって一石二鳥!

身支度の時間に、家事や育児をしながら時計とにらめっこすることがなくなって、ストレスも軽減しました。


また、服やかばん、ハンカチやマスクなどの小物もひとつにまとめておくと、脱衣所とクローゼットを行き来することもなくなって効率的です。

前夜の事前準備も、習慣化すると朝の支度が楽になり、おすすめです。

出発!登校・出勤編

出発!登校・出勤編

さあいよいよ出発です。登校、登園、出勤前や出勤中におすすめの工夫をお伝えしていきます。

出発前 工夫ポイント

  • 忘れ物チェックリストの作成
  • スケジュールチェックアプリの活用→学校や保育園の持ち物はアプリで管理

いざ出発!と家を出たのはいいものの、あ、あれ忘れた!と大急ぎで戻った経験はありませんか?
朝のドタバタが終わったかと思うと、気が緩んで、我が家は夫婦揃って忘れ物のオンパレードでした…。

そんな経験から、玄関にチェックリストを置くことにしました

マスクや携帯をきちんと持っているか、子どもの検温や記入は済んでいるか、見て確認することで家を出る前に忘れ物に気付くようになり、大慌てで家に戻る失敗はなくなりました。

そして、スケジュール管理アプリの活用もおすすめ!学校の持ち物や、提出物はつい忘れがち。
アプリに入力して朝にアラームで知らせるセットをしておくと、出発前に慌てることがなくなります。

その他

朝を楽にする方法「夜に家事をシフトする」

朝の時間は苦手、だけど夜は時間に多少余裕があるという人は、朝家事を夜に行うこともおすすめ!

前日の事前準備が朝時間を制するといっても過言ではないほど、事前準備は大切です。


洗濯をする乾燥機にかける、ロボット掃除機で掃除する、お弁当を前夜に詰めておく(夏場は衛生面に気をつけましょう)、
朝ごはんをプレートにのせてセットし冷蔵庫に入れておく、子どものお便りチェックをする、など…
朝に行っていた事を前夜に済ませておくことも可能です。

上記のように、朝型家事を大幅に夜型家事にシフトすることで、朝が楽になった人も多いようです。


家族構成や、勤務スタイル、また自分の性格によっても合う・合わないが分かれると思いますので、興味があるものは無理のない範囲で取り入れてみて、自分に合うものを見つけてみてくださいね。

ワーキングマザーの朝にゆとりを!朝活って実際どう?

ワーキングマザーの朝にゆとりを!朝活って実際どう?

朝活に興味があるけれど、みんなはどんなことをしているの?意識が高い人がやっているものでしょ?など、
朝活は気になっているけれどよく分からない…という人も多いのではないでしょうか?

また、すでに取り組んでいる人も、他の人が朝の時間に何をしているのか、ちょっと気になるところでもあります。

朝活でみんながしていることって?

まずは、ワーママたちが実践する朝活を紹介していきます。

自分の趣味の時間

朝活というと自分の趣味の時間に当てているイメージがあると思います。

ヨガやストレッチ、エクササイズなど体を動かす時間に当てている人や、読書や資格取得のための勉強をしている人、音楽を聴いたりDVD観賞を楽しむ人もいます。

時間としては30分前後を趣味の時間に当てている人が多いようです。

家事の時間

朝活は特別な事をするだけではありません。

朝早く起きることで、丁寧な掃除、前日に散らかっていた部屋を片付ける、夕食作り、子どものお弁当作りを楽しむなど、プラスαの家事時間に当てている人もいます。

とにかくゆっくりリラックスタイム

家族が起きてからの怒涛の朝時間に備えて、一人でボーっとする、好きな飲み物を飲む、窓を開けて新鮮な空気を吸うなど、リラックスリフレッシュの時間に当てる人も。

朝活のメリット・デメリット

朝活のメリット・デメリット

朝、家族より早く起きて、時間作りをする方も増えて来ましたが、

朝活を行うことによる、メリットやデメリットにはどのようなものがあるのか、ざっくりポイントもまとめました!

朝活のメリット

  • 自分の趣味の時間が出来てリフレッシュできる
  • 朝家事の効率アップ
  • 早寝早起きの習慣で健康になる

朝活を始めたことで、朝が気持ちよくスタートできるようになった、規則正しい生活で風邪を引かなくなったなど、心も体も健康になるメリットが!

慣れるまでに時間がかかるかもしれませんが、朝活の心地よさを知ったら朝早く起きることが楽しみになりますよ。

家事に育児に忙しいママだって、自分の時間を持つことはとても大切なこと。自分時間が作れるというのは、朝活の最大のメリットだと思います。

朝活のデメリット

  • 夫婦の生活時間のズレが生じる
  • 寝坊してしまう、子どもが早起きする可能性もある

夜型のパパと生活時間がすれ違いコミュニケーションがとれなくなるデメリットがあります。

週末は家族でゆっくり過ごすなど、パパと話をする機会を作るように気をつけるといいと思います。

朝活する前と後の変化

朝活する前と後の変化

朝活を始めたワーママの声をまとめました。

朝活をする前は、朝はドタバタ、家の中は常に散らかっていてイライラしていることが多かったのですが、朝活を始めて家の中が整うとイライラも減って、家族に優しく接することができました

自分時間が全くなくて諦めていた資格の勉強を朝活を始めてからできるようになりました

いつも疲れていて体調が悪かったのですが、朝活を始めてから早く寝るようになってすっきり起きることができるようになって健康状態もよく一石二鳥です

など、朝活を始めて生活の質が上がった!健康的になった!という人が多いようです。

まとめ

ワーママのリアルな朝事情や生活の工夫をお伝えしていきました。共感できる悩みや、試してみたい生活の工夫はありましたか?

ワーママ達にとって、家事に育児に忙しい朝時間は一分一秒がとても貴重な時間ですよね。

朝活を取り入れたり、今までの家事や育児の方法を少し変えてみると時間や心に余裕が生まれるかもしれません。

ご紹介した方法は、合う合わないがあると思いますが、試行錯誤で挑戦しながら自分に合う生活スタイルを見つけて、理想の朝が実現できるように頑張りましょうね。

ワーキングマザーの朝はやっぱり大変?実際のタイムスケジュールから目からウロコな工夫まで

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる