プロフィールの書き方や盛り込みたい項目をひとまとめ!【ブログやTwitter・インスタにも活用可】

プロフィールの書き方や盛り込みたい項目をまとめ!【ブログやTwitter・インスタにも活用可】

SNSだけでなく、ブログ作りにおいても、プロフィールの存在がどんどん重要視される傾向になってきたなぁと感じています。

どんな情報を発信しているかはもちろん大事だけど、その情報を「誰が言っているか」が、いろいろな面へ影響を及ぼすようになってきたということなのですね。


私自身も、このブログを始め、TwitterやインスタといったSNSなど、自分のプロフィールを伝える場面が以前よりグンっと増えました。

  • どんな風に書いたら、自分の人となりが伝わるのか。
  • そもそもプロフィールって、どんな内容を盛り込めばいいのか。

プロフィール作りにおいては、ウンウン頭をたくさん悩ませました。

実際にプロフィール作りに向き合ってみて、ここはポイントだなと感じてきたことや、プロフィール改善の効果などを、この記事にまとめておきたいと思います。

とも

プロフィールってどんな風に作ればいいの〜?

目次

【SNSやブログ向け】プロフィール作りで意識したポイント

SNSやブログでのプロフィール作りに改めて向き合ってみて、ここは忘れずにいたい!という部分は、以下の通りでした。

  1. 1番力を入れるのは最初の1行〜3行。
  2. 何をしている人か分かるようにする。
  3. 目を留めてもらえるインパクトのある要素を入れる。
  4. 自分と関わることでどんなメリットがあるのかが伝わるようにする。
  5. ストーリー性を持たせる。
  6. ビフォーアフター・過去→現在→未来など時系列の変化が分かるようにする。
  7. 自分のパーソナルな部分を盛り込む。
  8. プロフィールを読んだ後にしてほしいアクションを入れるのもあり。

それぞれについて、実体験からの感想と共に補足解説していきます^^

①:1番力を入れるのは最初の1行〜3行

プロフィールを見に来てくれた人が、1番最初に目にするのは、言うまでもなく「1行目」と、そのすぐ後に続く上部の部分


確かに自分自身が誰かのプロフィールを見るときも、最初の数行で続きを読むか読まないかを決めています

ここに書いてあることが、自分と無関係のものだったり、興味のないことだったり、言葉の意味が分からないものだったときは、プロフィールを読むのを辞めてしまうという行動を取っていました。


自分の行動からも分かるように、1行目〜3行目辺りまでの最初の行はとっても大事なんだなということを再認識しました。

もぐ

確かに、最初だけ読んで離脱するか決めたりするよね。

②:何をしている人か分かるようにする

プロフィールを書くにあたって、いろんな人のプロフィールも参考にしてみようと、ざっと200人近くのインスタプロフを閲覧してみました。

プロフィールをパッとみただけで何をしている人かすぐ分かる人もいれば、いったい何をしているのかイマイチよく伝わらない人まで多種多様。


何をしている人なのか誰にでも分かる言葉で書くのが大事なんだなと感じました。

③:目を留めてもらえるインパクトのある要素を入れる

プロフィールを見たときに「お?」と手が止まるのは、ちょっとインパクトのある言葉を入れたプロフィールの人。


何がインパクトに残るかは、その人によってもまた違うと思うのですが、

  • 届けたい人にとって見逃せない言葉
  • 思わず共感してしまう言葉
  • 普通ではあまりあり得ない状況を表す言葉

など、いろいろな点から選ぶことができるなと思いました。

もぐ

「閲覧注意!」とか怖いのに見ちゃうよね〜💦

④:自分と関わることでどんなメリットがあるのかが伝わるようにする

プロフィールを読みに来てくれるということは、少なからず興味を持ってくれたということ。

プロフィールを読んで、その後もこの人の情報を取得すべきか、自分に関係のある人かを判断をするとも言われています。


私自身に置き換えても、プロフに「この人の情報はしばらくチェックしておいた方がいいかも」というような要素を感じられたら、とりあえずフォローするという行動を取っていました。

フォローするメリットがない人を、わざわざフォローする人の方が稀ですものね。


やはり「自分と関わることで相手の方はどんなメリットがあるのか分かるようにする」というのは、重要ポイントなんだなと感じます。

ビジネス目的においては、具体的な実績なんかも、この部分で入れていくと良いですよね^^

⑤:ストーリー性を持たせる

人の心を惹きつけるライティングとして、ストーリー性を持たせた流れというのはよく使われたりますが、プロフィールにおいてもそれは同じようです。


確かに、ストーリーになっていると、続きが気になるので、自然と読み進めてしまいますよね(笑)

「その後、どうなったの?」と純粋に疑問に思って、つい矢印の先に目を走らせてしまったり。


SNSなどのプロフィールは文字数が限られていたりするけれど、その中でも上手にストーリーを組み込めるといいなと思いました。

にひひ

ビジネスにおいてもストーリー系は多用されてる〜

⑥:ビフォーアフター・過去→現在→未来など時系列の変化が分かるようにする

ストーリー性を持たせるの話にも通じますが「過去から現在、そして未来はどうしていきたいと思ってる」などの、時系列の変化が入ったプロフィールは、確かに面白いし分かりやすい。


また、特定の物事に対して、過去と比べその後はどう変化したのかという「ビフォーアフター」も興味をそそられます。

それが、自分がまさに今悩んでいることだったり、なりたい姿だったりしたときは、その方に関連性を感じて、興味をもったりしますよね。


これが入っていないプロフを見たときは、確かにちょっと淡白な印象を感じたり。

変化の過程を読むことで、ライブ感を感じることができるのかも知れませんね^^

⑦:自分のパーソナルな部分を盛り込む

パーソナルな部分というのは、その人柄や性格、リアルな人物像を感じるようなものののこと。


例えば、夢中になっているものや好きなものだったり、普段の生活が伝わるようなものだったり。

はたまた、その人が大事にしている価値観なんかを感じたり。


そういうものの中で、自分と共通する部分や似たようなものを感じた時って、一気に親近感をもったりします。

「あ!私と一緒だぁ!」なんて(笑)


それまでのプロフでは、ちょっと雲の上の人かな・・・?と思っていたとしても、その後に出てきた好きなものや価値観が同じだったら、急に仲間な気分になったりしますよね。

そう考えると、パーソナルな部分がプロフィールに入っているっていうのも、すごく大切な要素だなと感じます。

とも

ブログ仲間〜、コーヒー仲間〜、仲間が増えたら嬉しい!

⑧:プロフィールを読んだ後にしてほしいアクションを入れるのもあり

私が今回プロフィールを練り直したときに、ちょっと実験として一手間加えてみたのは、プロフを読んだ後にして欲しい「アクション」を想起させる言葉を入れること


ブログ記事でもその方法よく使われていますが、人は具体的な言葉にしてあげないと、なかなか実際の行動に移せないとも言われています。

通販などでも「お申し込みはこちら!いますぐ!」とか、「このボタンをクリックする」など具体的な動作に繋がる言葉が入っていたりするのを見たことがあるかと思います。


自分のプロフィールを読んだ人に、次にしてもらえたら嬉しいこと・・・。

例えば、他の投稿をよく見て欲しいとか、フォローして欲しいとか、いろいろあると思いますが、それをあえて言葉として入れてあげるのもいいですよね^^

にひひ

いますぐ、僕をクリックしてみて〜(笑)

プロフィールを見直したらどんな効果が?

プロフィールを練り直して、この記事を書いている今日はそんなにも日にちも経過していませんが、見に来てくれた人との距離感が縮まったような気がしています。

SNSにおいては、フォローも比較的されやすくなったと思います。


過去のプロフィールでは、上記にまとめたような点をほとんど意識せず、その場の思いつきで作ったものでした。

なので、心に留まるポイントもなかったと思うし、何よりも関わるメリットや親近感を感じてもらいづらかったのではと思っています。


この辺りは、まだまだ反応などデータを溜めたら、効果をシェアしていきたいなと思います。

【SNSやブログ向け】プロフィール作りの素朴な疑問Q&A

プロフィールを作る時や、作った後、ふと湧き出てくる疑問。

過去の自分がプロフ作りにおいて感じた疑問へ、今の自分が答えました!(笑)

疑問①:プロフィールは何度も変えていいのか?

プロフィール作りについてあまり理解していなかったときは、一度作ったらそれで終わりなものだと思っていました。


でも、実際はそうではなかった!


生きていれば、自分の気持ちや環境は時の変化と共に必ず変わる。

その点を考えると、その時の自分を表すプロフィールが、過去に作ったものとずっと同じの方が、どこか不自然な気がします。


プロフィールは、今の自分をアピールする大事なものでもあるので、その時その時のベストでどんどん作り替えていいんだなということを学びました。

疑問②:どの媒体も同じプロフィールの方がいいの?

Twitterやインスタグラム、Facebookやワードプレス。

いろんな自己発信の場所があるけれど、どの媒体でも同じようにプロフィールは揃えた方がいいのかな?という疑問も、過去に感じていたことがあります。


今、過去の自分の疑問に答えるなら、答えは「No」。

厳密には「使う媒体によって、見せたい自分に合わせて、自由にカスタムするべき」と、答えると思います。


SNSやブログなど利用するからには、何か目的があるはず。(もちろん楽しみたい!という趣味の気持ちも理由の1つ)

なので、その目的がスムーズに達成するようにプロフィールを作る方がいいんですよね^^


利用したいものに合わせてプロフィールを自由自在に変えれるようになったら、もうプロフの達人さんの域だなぁと感じます。

【まとめ】SNSやブログでは「プロフィール次第」で成果が変わる

プロフィール作りに向き合ってみて、残しておきたい大事なポイントをまとめました。


プロフ作りはすごく奥が深い・・・!

その出来次第では、自分の目的達成が加速するか、失速するかの重要な鍵にもなっているなとも感じました。

私自身も、プロフィール作りにおいては今後も試行錯誤を重ねていきます。


より良いプロフィール作りの一助になるように、また新たな結果も更新していきますね^^

とも

みんなのプロフ作りが楽になるといいな。

プロフィールの書き方や盛り込みたい項目をまとめ!【ブログやTwitter・インスタにも活用可】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる