冬休みの遊び|子供たちと何して過ごす?家族で楽しめる過ごし方アイデア

冬休みの遊び|子供たちと何して過ごす?家族で楽しめる過ごし方アイデア

毎年必ずやってくる子供たちの冬休み。
夏休みにならんで、保護者の頭を悩ませるのは『長期休みの間の過ごし方』。

周囲のママさん達も「いやぁ〜冬休みどうしよう〜」「何にも思いつかないなぁ〜」なんて、すでにネタ切れ状態で、考えるのもちょっと大変という様子。

分かります、分かります、その気持ち(笑)
我が家も中学・小学・幼稚園と年代の違う3兄弟を、2週間近くもの間どうまとめるのか、毎年のように頭を悩ませています。


毎年0から考えるのも大変なので、備忘録代わりになるように・・・本記事では『冬休みの過ごし方アイデア』をまとめてみました!


冬休みの期間は、イベントや行事も目白押しな時期。
それらに絡めて、過ごし方を考えてみると、いろいろな遊びが思い付いたりします。

\冬休み時期にある行事やイベント/

  • 終業式
  • クリスマス
  • 大掃除
  • 年越し準備
  • 大晦日
  • お正月
  • 七草

お家の中でできること』『お外でできること』の2パターンに分けて、思いつく限り、調べられる限りまとめていきますので、困った時にヒントにお使いいただけると幸いです^^

目次

冬休みの遊び|子供とお家で何をする?過ごし方アイデア【家の中編】

冬休みの遊び|子供とお家で何をする?過ごし方アイデア【家の中編】

学校や園がお休みに入り、毎日自由に過ごせるという開放感で、冬休みにワクワクしている子供たち。

親も子そろって、楽しく有意義に過ごすにはどうしたら良いのか、まずはお家の中でできる過ごし方アイデアをご紹介します。

  1. 2学期の荷物整理も楽しい用事に!
  2. 冬休みの過ごし方表を一緒に作る
  3. 苦手な勉強もゲーム感覚で!
  4. 一緒に絵本を読む・上の子が下の子に読んであげる
  5. 新聞紙・風船で体を動かす
  6. アウトドア気分!小さなテントを立てる
  7. 無料でもらえる段ボールをフル活用
  8. ペットボトルや空き箱で工作!
  9. 粘土・紙粘土でアート作品作り
  10. クリスマスの装飾・パーティグッズを親子で手作り
  11. 年賀状書き
  12. クッキーの型抜きやゼリー作り
  13. 昔撮影したビデオや映画を見る
  14. 大掃除も楽しもう
  15. 自家製『福笑い』で大爆笑
  16. 新学期の用意も楽しみに!

おうち遊びだけでも結構たくさんありますよ!

冬休みのお家遊び①:2学期の荷物整理も楽しい用事に!

冬休みのお家遊び①:2学期の荷物整理も楽しい用事に!

終園式・終業式が終わると、子供たちはどっさりと荷物を家に持って帰ってきます。

ぐちゃぐちゃになったプリントや道具類が我が家に帰還した様子は、頭の片隅でわかっていながらも結構な衝撃(苦笑)
「これを片付けるのは誰ぞや・・・」という悩みが発生。

ママにも子供たちもちょっと面倒な、2学期の荷物の整理こそ、楽しくやれたら・・・!

  • タライでゴシゴシ上履き洗い競争
  • いるプリント・いらないプリントの分別ゲーム
  • 筆箱をピカピカにしよう!大作戦
  • カバン・ランドセルのゴミ出し・お掃除

使ったものを整理した後は、足りない文具の買い出しもおすすめ!

ちょっとした時間潰しになりますし、好きなもの・新しい文房具足してあげることで、また新学期が楽しみになるのではと思います。

冬休みのお家遊び②:冬休みの過ごし方表を一緒に作る

冬休みのお家遊び②:冬休みの過ごし方表を一緒に作る

これから始まる冬休み。
夏休みほど長くはないけれど、2週間近くあり実際に過ごしてみると、意外に期間があるように感じます。

毎日ないをして過ごすか『すごろく風に地図にしてみる』と、楽しい時間が過ごせそう!


年齢が小さな子は、パパやママが一緒に遊びながら書いてあげると、一緒に夢中になってくれるかも^^
一気に全部を完成させず、埋められる部分から書き込んでいく方式でもいいかもですね。

冬休みのお家遊び③:苦手な勉強もゲーム感覚で

冬休みのお家遊び③:苦手な勉強もゲーム感覚で

勉強に対して苦手意識が強い子ほど、学校という縛りがなくなると開放感からほとんど勉強をしない毎日になってしまいがち(汗)
我が家の子供たちもそうなのですが、できる限り勉強の楽しさを見つけて欲しい!


そんな時は、『勉強もゲーム感覚で出来るように工夫する』のが良いのかなと取り組み中です。
何かを覚える・練習するといった作業を遊び感覚でやれたら、子供達も楽しめそう。

とはいえ・・・ママの負担になっては元も子もないので、できる範囲からが大事。
勉強を楽しむアイテムを工作気分で手作りなんてのも、おすすめです!

冬休みのお家遊び④:一緒に絵本を読む・上の子が下の子に読んであげる

冬休みのお家遊び④:一緒に絵本を読む・上の子が下の子に読んであげる

兄弟姉妹のいるご家庭なら、上のお子さんが下のお子さんに絵本を読んであげる時間を取るのもおすすめ!

上の子は本の音読の練習になるし、下の子はお話を読んでもらって楽しい。

兄弟でそれぞれができることを助け合うなど、兄弟関係作りにもなかなかおすすめの過ごし方かなぁと思っています。

冬休みのお家遊び⑤:新聞紙・風船で体を動かす

冬休みのお家遊び⑤:新聞紙・風船で体を動かす

おうちの中でずっと過ごしていると、どうしても運動不足になりがち!
子供たちも、パワーが余ってしまって、お腹が空かないから食が落ちる、寝つきが悪くなるなど、困った問題も付随して起こりがち。

そんなモヤモヤの解消に少しでも役立つのが、『新聞紙や風船』を使った遊び。

新聞紙や風船は比較的手に入りやすいですし、ぶつかったりの心配もほとんどないアイテム。
丸めてボールにしてボーリング、玉入れ・・・ちぎって紙吹雪(段ボールの中とかでやらないと後片付けに泣く)、輪投げなど、工夫次第でいろいろな遊び方ができます。

風船も同じ。
風船をうちわで仰いでレース、風船を絶対床に落とさないゲーム・・・考えればたくさん遊びが出てきそう^^

雨の日にもできる遊びなので、新聞紙や風船など日頃からストックしておくと良さそうです!

冬休みのお家遊び⑥:外に行けなくてもアウトドア気分!小さなテントを立てる

冬休みのお家遊び⑥:外に行けなくてもアウトドア気分!小さなテントを立てる

毎日同じ風景の中で遊んでいるのもちょっと飽きてしまうので、時には空間を変化させてみるのもおすすめ。

おうちの中に、子供用テントや、小さなサンシェードなど、テントを立ててアウトドア気分を味わいます。
子供たちにとっては秘密基地みたいで大喜び!

小さなテントの中でおやつを食べたり、クッションをいっぱい持ち込んで寝転んでみたり。
時には、そこに寝泊まりしてみるのも楽しいかも・・・!

冬休みのお家遊び⑦:無料でもらえる段ボールをフル活用!

冬休みのお家遊び⑦:無料でもらえる段ボールをフル活用!

スーパーやホームセンターなどで無料でもらえる段ボールもお家遊びにおすすめ

小さめの段ボールをいくつも使って乗り物を作ったり、秘密基地にするのも楽しい。
いくら使っても材料費0円!なのも嬉しいところ。

段ボールの周りに思いっきりイラストを描いたり、好きなものを切ったり貼ったり。
アートな作業に夢中になるのもおすすめです。

冬休みのお家遊び⑧:生活のゴミも立派な材料!ペットボトルや空き箱で工作!

冬休みのお家遊び⑧:生活のゴミも立派な材料!ペットボトルや空き箱で工作!

生活していると自然に溜まってしまう、ペットボトルや空き箱、発泡スチロールのお皿やゼリーなどのカップ。
何気なく捨ててしまうものも、工作の立派な材料に!

日頃から溜めておいて、時間を持て余した時は、思いっきり工作タイム

「〇〇を作りましょう」という決められた工作ではなく、自分の作りたいものを想いのままに作るのは結構楽しい。
初めはあまり乗り気じゃなかった子も、気がついたら誰よりむ夢中になって制作していたりして・・・!

冬休みのお家遊び⑨:粘土・紙粘土でアート作品作り!家族で展覧会を開く

冬休みのお家遊び⑨:粘土・紙粘土でアート作品作り!家族で展覧会を開く

時には家族みんなで本気の制作に打ち込んでみるのもおすすめ!
粘土や紙粘土でアート作品を作り、最後にはみんなで展覧会なんて過ごし方も楽しいですよ!


年末年始に親戚や知人が訪ねてきた時には、手作りのアート作品を庭先や廊下に並べて、ちょっとしたおもてなしにしても(笑)

毎年恒例で制作し、成長過程を楽しむのもいいですね!

冬休みのお家遊び⑩:クリスマスの装飾・パーティグッズを親子で手作り

冬休みのお家遊び⑩:クリスマスの装飾・パーティグッズを親子で手作り

冬休みをあれこれ過ごしている内に、あっという間にクリスマスはやってくる。
素敵な飾りを購入するのもいいですが、今年は子供たちとクリスマス飾りを手作りしてみるのもおすすめ。

折り紙やモール、ちょっと綺麗な包装紙に、拾ってきたどんぐりや松ぼっくり。
素材は意外と身近にたくさんあります。

自分で飾りを作ると、子供たちもワクワク感がUPしますよ^^

冬休みのお家遊び⑪:年賀状書き

冬休みのお家遊び⑪:年賀状書き

準備が大変で、億劫に感じる方も多い年賀状書き。

たくさんの葉書に手書きで住所やコメントを書くのが大変で、ネットで注文しほぼ全自動で制作する方も増えてきましたが、子供達自身の年賀状は各自で制作してもらうのもおすすめ。

誰に送るか、何を書くか、思いを馳せながら1枚1枚仕上げるのは大変だけど、そんな時間の過ごし方も良き思い出として心の中に残ったりします。
絵を書いたり、飾ったり作ったりが好きなお子さんなら、夢中になって取り組んでくれるかも知れませんね。

おじいちゃん・おばあちゃんも、孫から手書きの年賀状が来たら、喜んでくれるかも・・・!

冬休みのお家遊び⑫:おやつ作りも遊びの1つ!クッキーの型抜きやゼリー作り

冬休みのお家遊び⑫:おやつ作りも遊びの1つ!クッキーの型抜きやゼリー作り

毎日食べるおやつも一緒に手作りすれば、1つの遊びに!

クッキーの型抜きなんかは粘土遊びのようで、子供たちも大好き。

かわいいものが大好きな女の子には、ゼリーの中に星形にくり抜いたフルーツを入れてみたり・・・。
混ぜ混ぜする作業も、聞いてみると意外に「やりたい!やりたい!」と手を上げてくれます(笑)

時間がたっぷりある時は、一緒にお昼のパン作りなんかに挑戦してみるのもまた楽しいかも!

冬休みのお家遊び⑬:家族で鑑賞会!昔撮影したビデオや映画を見る

冬休みのお家遊び⑬:家族で鑑賞会!昔撮影したビデオや映画を見る

体を動かしたり、何かを作ったり、アクティブに過ごすのもいいけれど、時にはゆっくりまったりしたい・・・。
そんな時は家族で映画やホームビデオの観賞会がおすすめ!

見たかった映画やアニメをたくさん借りてきて、丸1日鑑賞の日にするのもたまには楽しいかも。

フカフカのクッションやたくさんのポップコーン、好みのドリンクにホットドックなど、映画館にありそうなフードを用意して。
あっという間に時間が過ぎてしまうはず・・・!

冬休みのお家遊び⑭:大掃除も楽しもう

冬休みのお家遊び⑭:大掃除も楽しもう

あれこれ冬休みを過ごしている内に、あっという間に歳の暮れ。
ちょっと面倒に感じて敬遠していた大掃除も、子供たちと一緒に頑張ってみませんか?(笑)

汚れてもいい服装にマスク、お掃除の装備を整えたら、はたきかけや窓掃除に、雑巾掛け、親子で分担してお掃除をします。
完璧には綺麗にならないかもしれないけど、掃除は親だけでなく子供たち自身もするものという感覚を身につけるとってもいい機会に。

なるべくゲーム風に、盛り上げて取り組むと、めんどくさがり屋の男の子も夢中になってやってくれることも(笑)

冬休みのお家遊び⑮:自家製『福笑い』で大爆笑

冬休みのお家遊び⑮:自家製『福笑い』で大爆笑

お正月遊びの定番として昔からある『福笑い』。

既製品で遊ぶのも楽しいけれど、子供達に自作してもらうともっと楽しい。
家族の似顔絵で福笑いすれば、子供たちも大盛り上がり。

制作する時は、のっぺら坊の顔を1枚と、似顔絵を書いた絵の2枚を用意。
似顔絵の方は目鼻口など切り分けて、パーツとして使います。

お正月に家族や親戚が集まるときなどの遊びとしても、おすすめです!

冬休みのお家遊び⑯:新学期の用意も楽しみたい!

冬休みのお家遊び⑯:新学期の用意も楽しみたい!

楽しかったお正月も三ヶ日を過ぎた辺りから、だんだん意識してくるのが新学期のこと。
ずっとお休み気分でいたい子供たちには、ちょっぴり憂鬱な気分になる話でもあったりしますが(苦笑)避けては通れない道。

少しでも楽しみになるように、新学期に向けて新しいノートや鉛筆などを新調したり、準備も遊びの1つとして楽しめたら・・・!

  • お気に入りのデザインの文房具を揃える。
  • 3学期の通学時に身につけるものを新調する、一緒に選ぶ。
  • カバンにつけるキーホルダーをプラ板で自作する。
  • 上履きの内側に大好きなキャラクターのイラストを一緒に描く。
  • お友達に見せる・あげる、イラストやお手紙を書く。

などなど・・・なるべく本人の気持ちが新学期が楽しみになる方向に向くように、その子に合わせて考えてみると、いくつか思いつくかも知れません。

「早くこの鉛筆使いたいな」「早くこのノート書きたいな」「お友達に早く見せたいな」そんな楽しみをいくつも仕掛けておくと、始業式の日を楽しみになれるかも(笑)

冬休みの遊び|子供とお外で何をする?過ごし方アイデア【外編】

冬休みの遊び|子供とお外で何をする?過ごし方アイデア【外編】

寒い時期はおうちの中で過ごせる方が、親としてはありがたい。
だけど・・・元気を持て余す子供たちにとっては、お外での遊びもまた必要。

家の中での時間に飽きてくると「お外で遊びた〜い!」なんてお願いが始まったり。

急なお願いにも、パッと思いつけるように、普段からできる遊びも含めてお外遊びのアイデアもまとめておきました。

  1. 地面でアート!チョークでお絵描き
  2. 縄跳び個人戦・団体戦
  3. ゴム跳び・けんけんぱなど昔ながらの路上遊びをしてみる
  4. 綺麗な落ち葉や木の実拾い
  5. 変わったマンホールを探して、長距離散歩
  6. バドミントンやキャッチボール
  7. 家族で自家製イルミネーションを楽しむ
  8. お正月気分を味わう!凧揚げ・羽子板をしてみる
  9. 追いかけるのが楽しい!シャボン玉遊び
  10. 道具不要!鬼ごっこにドロケイ・ダルマさんがころんだ
  11. ラジコンを走らせる
  12. 宝探しゲーム

あげてみると意外とある、お外遊び。

道具不要で体1つあれば楽しめるものから、人数を集めて楽しむ遊びまで多種多様なのがお外あそびの特徴。

普段はゆっくり子供との時間が取れないパパ・ママさんも、冬休みのこの時期に一緒になって遊んでみると親子で楽しい時間が過ごせるかも・・・!

冬休みのお外遊び①:地面でアート!チョークでお絵描き

冬休みのお外遊び①:地面でアート!チョークでお絵描き

昭和の時代には、あちらこちらで見かけたチョークのイラスト。
最近は路上であまり見かけなくなったけど、書いても大丈夫そうな場所があるなら、ぜひ外でのお絵描きを楽しんで。

チョークは100均などで売っていることも多いので、意外と手に入りやすい!

まだ絵が上手に描けないお子さんには、ママが大好きなキャラクターなどを書いてあげると、とっても喜んでくれたりしますよ。

冬休みのお外遊び②:縄跳び個人戦・団体戦

冬休みのお外遊び②:縄跳び個人戦・団体戦

お外遊びの定番として、遊びやすいのが『縄跳び』。

1人でいろんな飛び方を楽しんだり、縄跳びを繋げて大縄にしてみたり。

どちらが多く飛べるか競ってみたり・・・、いろんな楽しみ方ができるのも魅力。

縄跳びは学校の体育の授業などでも行ったりするので、普段から遊びとして慣れ親しんでおくと、子供達の自信にも繋がります。

冬休みのお外遊び③:昔ながらの路上遊びをしてみる

冬休みのお外遊び③:昔ながらの路上遊びをしてみる

昔からある路上遊び『ゴム跳び』や『けんけんぱ』などなど。
幼い頃に遊んだ遊びを子供達に伝えて上げるのも、親としては大事なお仕事かも知れないですね(笑)

ゴム跳びもけんけんぱも身近にあるものを使ってできるので、とってもお手軽!

やってみたら懐かしさで、大人の方が夢中になってしまったりして・・・。

冬休みのお外遊び④:綺麗な落ち葉や木の実拾い

冬休みのお外遊び④:綺麗な落ち葉や木の実拾い

特に何にも用意しなくても、近所を練り歩いて綺麗な落ち葉や木の実を拾い集めてくるだけでも、立派な遊びに!

見つけた落ち葉や材料は、お家での工作の材料にもなるのでおすすめです。

こんな形の葉っぱがあった、木の実にはいろんな形がある・・・自然に触れ合いながら遊んでいる内に自然といろんなことを身につけてくれます。

冬休みのお外遊び⑤:変わったマンホールを探して長距離散歩

冬休みのお外遊び⑤:変わったマンホールを探して長距離散歩

当たり前のようにあるマンホール。
実はよくよくみてみると、いろんな模様やイラストが描かれていたりして、みて歩いていると楽しかったりします。

実は大人でも、レアなマンホールを探して写真に収めるのが好きなマニアもいるのだとか・・・!

いつも何気なく通っている道のマンホールを、お子さんと一緒に観察しながら、レアマンホール探しの長距離散歩に出てみるのも楽しそうです。

冬休みのお外遊び⑥:バドミントンやキャッチボール

冬休みのお外遊び⑥:バドミントンやキャッチボール

広めのスペースのある公園など、ちょっとした場所があったら楽しめるのが、『バドミントン』や『キャッチボール』。
体を思いっきり動かせる遊びでもあるので、とってもおすすめ。

特に年齢が上がってきた小学校高学年位のお子さんは、試合形式にすると夢中になって楽しんでくれたりしますよね。

冬休みのお外遊び⑦:家族で自家製イルミネーションを楽しむ

冬休みのお外遊び⑦:家族で自家製イルミネーションを楽しむ

寒い時期になると外の空気が澄んで、イルミネーションがとっても綺麗に映えて見える。
大掛かりなイルミネーションを見に行くのも楽しいですが、自宅の庭先や玄関先、窓辺周辺を自家製イルミネーションで飾って鑑賞するのもまた楽しいもの。

購入した大掛かりなホームイルミネーションではなく、100円均一で手に入る材料で作った手作りも楽しいですよ。

電池式の小さな豆電球を子供と一緒に、庭の木にちょっと巻いてみる。
日が暮れてきたら、待ちに待った小さな点灯式!
庭に小さな灯りが灯る瞬間が一番大喜び(笑)

雨には弱いので、晴れ予報が続く時にするのがおすすめです。

冬休みのお外遊び⑧:お正月気分を味わう!凧揚げ・羽子板をしてみる

冬休みのお外遊び⑧:お正月気分を味わう!凧揚げ・羽子板をしてみる

お正月が来たら、お外遊びの内容もちょっぴりお正月気分を味わえるものに。
昔ながらの『凧揚げ』や『羽子板』なんかも楽しい遊びです。

広い場所がないと難しいけれど、近くにちょっとした広場やスペースがあったら、時には趣向を変えてぜひ楽しんでみてください。

昔ながらの遊びとして、伝統を伝えるとってもいい機会にもなるかも・・・!

冬休みのお外遊び⑨:追いかけるのが楽しい!シャボン玉遊び

冬休みのお外遊び⑨:追いかけるのが楽しい!シャボン玉遊び

1年中楽しめる遊びの1つですが、夢中になっていつまでも遊んでくれるのが『シャボン玉遊び』。

出来ては消え、予測不能でふわふわたくさん動くシャボン玉を触ろうと、夢中になって追いかけて遊んでくれます。
ちょっとした道具で済むし、持ち運びもしやすいので、公園に行く時のお供にもいいですね!

冬休みのお外遊び⑩:道具不要!鬼ごっこにドロケイ・ダルマさんがころんだ

冬休みのお外遊び⑩:道具不要!鬼ごっこにドロケイ・ダルマさんがころんだ

何の道具も入らず、だた人がいればできる遊びが、鬼ごっこドロケイダルマさんがころんだなどの遊び。
氷鬼色鬼なんて遊びもありましたね。

子供達だけでなく、パパやママ、遊びに来た親戚や近所の方まで、みんなでやってみるのも楽しいですよ(笑)

冬休みのお外遊び⑪:ラジコンを走らせる

冬休みのお外遊び⑪:ラジコンを走らせる

車や動くものが大好きな男の子に大人気なのが、ラジコン
近所のちょっとしたスペースや公園などに持ち込んで、自由気ままに走らせてみるのって楽しい。

意外と大人の方が夢中になってしまったりして・・・!

冬休みのお外遊び⑫:宝探しゲーム

冬休みのお外遊び⑫:宝探しゲーム

お外遊びでやってみると意外と盛り上がるのが『宝探しゲーム』。
お家から持ってきたおもちゃでもいいし、外で見つけた綺麗な石ころなんかでもいいのですが、誰かが隠した宝を見つけるゲームです。

宝の数も1個とは限らず、2個・3個・・・と複数あっても楽しい。
全部見つける、1番に見つける、タイムを競う・・・いろんなパターンで宝探しを楽しむこともできます。

子供達も夢中になって探してくれるし、時間もたっぷり使うので、おすすめです!

まとめ

学校や園がお休みに入り、時間を持て余してしまいがちな子供たち。

毎回、長期休みがやってくる度に何をしよう・・・なんて、頭を悩ませていたけれど、こうしてできることをリストアップしてみたら意外とたくさんのできることがありました。

寒くてお外に出たくない時はおうち遊び、お家の中にいい加減飽きてしまったらお外遊び。

行事やイベントも多い年末年始シーズンなので、あれこれ毎日夢中になって過ごしている内に、意外とあっという間に冬休みが終わってしまうかも知れませんね^^

我が家も今年は家族で計画を立てて、一緒に過ごせる時間を親子共に楽しんで過ごしたいと思います。

冬休みの遊び|子供たちと何して過ごす?家族で楽しめる過ごし方アイデア

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる